新型ロードスター(ND)は全てがちょうど良い車

2018/10/08


新型ロードスター(ND)試乗しました
もちろん6MTです。
感想を一言で言うと、全てがちょうど良い車でした。
これ以上パワーがあっても一般道では持て余すし、
これ以上ガチガチでも日常使いでは不快なだけだし、
これ以上扱いにくくなると上手い人でも「思い通りに操ってる感」が薄れてしまいます。

この車をサーキット用に購入する人は少ないので、まさにターゲットにドンピシャの車と言えるでしょう。

S15シルビアからGJアテンザに乗り換えてから約2年、逆に色々なマニュアル車を試乗してますが、もっとも依存度が高い車です。
また乗りたくてウズウズします。

【動画】NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」

【動画】NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」

【動画】【良音】NDロードスターサウンド特集(7000回転エンジン音/ヒール&トゥ)



★2日間乗りまわしての気になったメモ


  • 慣れるとまさに「手足」のように操れる
  • 乗り降りがしんどい。室内高さはNCより+10mm、NBより+30mmと上下に広くなって、S2000やS15と同じ1055mmになったが、全高がNBと同様の1235mmなのでS2000やS15の1285mmと5cmの差がある。最低地上高140mm(S2000,S15より10mm高い)であることを考慮しても4cmの差がある。
  • オープン可能以外で評価が拮抗している86が室内高1060mm、全高1320mmなため、86をサンルーフにするなどして開放感があれば86に軍配があがるであろう。
  • クラッチの位置が 右寄りで、かつハンドルと床のスペースも少ないため「常に」クラッチの上に足を置く人だとひざがハンドルに当たる
  • クラッチは左から右側に「斜め」に踏み込むようになるが、慣れると意外に楽にできる。
  • シフトの位置が遠く、腕をかなり伸ばした状態で1−2速の方向に力を入れるため、無駄な力が入りやすい。新型コペンほど遠くはないが、RX-7やスープラなどに比べるとあきらかに遠い。
  • ハンドルが軽い。荷重をかけてもほとんど重くならないため「カッチリ感」を求める人には物足りない。86のほうがはっきりと「カッチリ感」がある。
  • オープン&使い切れるパワー&純正で完成されたスタイリング&快適機能満載ではベストカーと言えるが上記の懸念が残る。



  • ★良い点





    ★人によっては悪い点


    【動画】【良音】NDロードスターサウンド特集(エンジン始動音/空ぶかし)




    ★あなたにオススメ


    ロードスターNDとNCの違い
    NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
    ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)


    ★その他の特徴を写真付きで紹介





    フロントビュー


    サイドビュー


    リアビュー


    オープンするのも戻すのも簡単。まず、こうして


    片手で開いていって


    カチッとすれば完了


    オープンにするとサイドビューがより良い


    クラッチのストロークは短めで楽です(これがマックス踏んでる状態)


    この位置でつながります


    ハンドルはチルト(上下)機能はあるが、テレスコピック(前後)は無い。


    シフトは最高のフィーリング。形状、ストロークが適切で、スコスコ入るし、吸い込まれる感じもバッチリ。


    シートもちょうど良いサポートで疲れにくい。


    ドリンクホルダー2個が邪魔にならない位置にある。これすごく重要です。こういう車って後付けのドリンクホルダーでなんとかならないんです。


    トランクは意外に深いです。


    タイヤは195/50R16でアドバンスポーツ


    見下ろせます


    ベストアングル
    みんカラはこちら   YouTubeチャンネル

    ★カテゴリー




    ★人気ページ 一覧★


    RX-8の選び方
    MT操作で最も難しいのは「高回転で1速から2速のシフトアップ」
    スポーツカー100台乗り比べ(試乗/レンタカー/カーシェア/代車)
    BMWの分かりにくいDSCを解説
    【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?
    【試乗】ついにたどり着いた「ロータス・エリーゼ」
    【検証】brembo(ブレンボ)ブレーキディスク交換の効果は?|BMW M240iクーペ(MT)
    納車から2年!BMW M240iクーペ(MT)の平成最後の「駆けぬける歓び」
    ルノー・メガーヌR.S. VS メガーヌGT!両車があのFRドイツ車になり代わる!?
    【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(4コントロール/4HCC編)
    【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(DASS編)
    【必見】絶対に失敗しないルノー車の購入方法
    車が「モビルスーツ」になる!その条件とは!?
    憧れナンバーワン!トヨタ・スープラSZに試乗(A80/NA/中後期)
    ルノー・スポールの間口を広げた偉大なるルーテシアR.S.
    BMW M3セダン(F80)は1000万オーバーの価値がある車だった
    【納車】ついに手に入れたルノースポール(ライコネン優勝おめでとう)
    【2018年】新型ルノー・メガーヌGT/MCルーテシアRSトロフィー★イッキ乗り
    ルノーメガーヌRSの瞬発力と存在感はウサイン・ボルト級
    アバルト124スパイダーの「刺激」に勝るのはあの「レーシングスピリット」だけ
    【試乗】BMW X2!FFとアイシンAW製8ATの実力はいかに
    私がBMWアダプティブMサスペンションをダウンサスでローダウンしない理由
    クルマを当て逃げされたら保険を使う?自腹で修理する?
    NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」
    SUV徹底比較(国産車編)
    BMW 3シリーズ(F30)のシフトショック改善方法
    NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」
    初マイカーにNDロードスターをススめる理由
    NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
    SUV徹底比較(輸入車編)
    絶景ドライブコース100選の制覇状況
    「千里浜なぎさドライブウェイ/東尋坊/福井県立恐竜博物館」を駆けぬけるルート
    BMWのヒエラルキーを装備で解説
    GJアテンザ マフラー比較
    加速度センサーで学ぶドライビングテクニック
    ジャガー最小SUV E-PACEの選び方
    「伊勢志摩スカイライン/伊勢パールロード」を一気に駆けぬけるルート
    BMW M240iで走った「伊吹山ドライブウェイ」はドライビングを楽しむ暇がないほどの・・
    HONDA S660であえて選ぶCVT!
    BMW M240iクーペ(MT) オートブリッピングのすべて
    BMW 320i Mスポーツの5つのスゴイところ
    ついに納車されたBMW M240iクーペ(MT)
    プジョー208GTiの操作系が「ユルい」のは確信犯だった
    納車から1年!BMW M240iクーペの「駆けぬける歓び」を振り返る
    ヒール&トゥを「6つのポイント」で攻略 (BMW M240iクーペ)
    BMWのMT操作を「7つのポイント」で攻略(M240iクーペ)
    BMW 主力エンジン『B48B20A』は330e(PHEV)でも快音を響かせる
    「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ
    【緊急掲載】MAZDAのソウルレッドが良い理由
    アバルト124スパイダーは本当にMAZDA製造なのか?
    敷居が高い「ポルシェ/オープン/左ハンドル」も「ボクスター(PDK)」ならありかも
    30分で行う「業者レベルの手洗い洗車」方法
    BMW M240iクーペ慣らし運転方法(yoyolegalega的BMW慣らし運転方法)
    BMW M240iクーペ エンジン音のすべて
    クルマ界のイチローはSUBARUレヴォーグ!
    GJアテンザ ツライチ 方法
    BMW M240iクーペ(MT) エクステリア改善計画 ※M3/M4と比較
    BMW M240iスモークテールをビフォーアフターで比較
    BMW M240iクーペ 純正リアバンパー取り外し方法
    BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け
    加速度センサー(レーダー探知機)の取付け方法(BMW M240iクーペ)
    GJアテンザ タイヤ比較
    スバルWRX STI(6MT)は国産車を代表するピュアスポーツカー
    ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)
    スポーツカー試乗レポート(トヨタ86/マツダRX-7/ルノー メガーヌRS/日産35GTR/ホンダ S2000/BMW M3/スバルWRX/ポルシェボクスター/VWシロッコ)
    VWニュービートル(GH-9CAZJ)は30万で個性的なルックスとザ・ドイツ車を楽しめるクルマ!
    GJアテンザ トランクスポイラー装着
    GJアテンザ フォグ メッキ塗装
    GJアテンザ M'z CUSTOM(エムズカスタム) サイドスカート装着
    BMW320i(F30)で走った「西伊豆スカイライン」はショートホイールベース必須のテクニカルコースだった
    「箱根ターンパイク/椿ライン/芦ノ湖スカイライン/箱根スカイライン/長尾峠/七曲り」を一気に駆けぬけるルート
    BMW M240iクーペの「スポーツ」「スポーツ・プラス」の違い
    BMW M240iクーペの「パッケージング」はALPINA B3 Sリムジンから隔世遺伝していた
    「低排出ガス車ステッカー」と「定期点検ステッカー」は貼る義務はない(らしい)
    RX-8 タイプRSは2020年東京オリンピックまでに乗ってほしいクルマ
    BMW M4クーペはFRの楽しみを奪うほどの「オンザレール感」
    M4クーペ(F82)はBMWスポーティ部門の頂点に立つ車
    RX-8 タイプRSが最高な理由
    RX-8の「プラグかぶり対策」と「低速でのギクシャク対策」
    RX-8の3つのスゴイところ
    BMW135iクーペはMTで最も楽しめるBMWのひとつ
    BMW3シリーズ(F30/F31)に復活した直6は250万の価値があるのか
    ドアの長さまで比較!大人4人が乗れるMTスポーツカー!
    GJアテンザ ロングパドルシフト装着
    手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)
    マニュアル車の選び方
    AT車 MT車 楽しさ 比較