GJアテンザで男の血をたぎらせろ

2017/11/11


Z34を試乗して思ったことがある。それは車は血をたぎらせることができる数少ない趣味だということ。
GJアテンザセダンを初めて見た瞬間からその独特のフェイスと威圧感に見れば見るほど魅了された。 アルファード並みボディサイズ、ワゴンという選択肢、そして後続のアクセラ、デミオ、CX-3を気にすることもなく選択したのはGJアテンザセダンであった。

今思えばあの時、この車によって男の熱い血がたぎらせられていた。 購入後も42kgmという強大トルクとひきこまれるほどに深いソウルレッドのツヤに惚れ込んでいた。 しかし、その後のNDロードスターやS660やコペンや86(BRZ)の発売、 そしてシビックタイプRの発売決定などによるマニュアルスポーツカーの人気沸騰によりGJアテンザで血が騒ぐことがなくなっていった。

その原因と考えていたのがATであることだ。
ATにした理由は3つ、1つ目はオルガンペダルとレスポンスの悪いディーゼルの組み合わせによりヒールトゥやビリッピング時のやりにくさである。 加えてクラッチのストロークの長さとつながる位置が高すぎることでその前に乗っていたS15シルビアとのギャップもあってどうしてもフィーリングが合わなかった。
2つ目は当時はまだ珍しかったパドルシフトとSKYACTIVE-DRIVEのダイレクト感・驚速シフトチェンジ・トルコンATのスムーズさがF1好きのわたしにとても響いたこと。
そして3つ目は音響。ビジネスマンにとってヘッドホンやイヤホン以外で大きな音で音楽を楽しむ機会はあまりなく音響の良さは車選びにおいて重要なウエイトを占めている。 その音響関連のオプションであるBOSEがATでのみ設定可能であり、しかもそのBOSEにはこれまた当時は例がほとんどなかった 「アクティブエンジンサウンド」が備わっていたのだ。

この3つの理由からATの購入となったわけであるが、強大トルクに慣れてくると純粋にスポーツ走行を楽しみたくなる。 ところがブレーキングからのシフトダウン時に「フシュン」、 当時最大音量の83dbのマフラーに変えても「フシュン」……と期待している「ブオン!」にはほど遠いサウンド。 吸気系をいじっても音は大きくならなかった。
その不満と格闘すること2年、ついにMT車への想いを抑えられず主にMT車の試乗やレンタルを繰り返すようになった。

だが、さまざまなMT車に乗るようになると自分が理想とするペダルレイアウトは少なく、 MT車だから良いという概念は消え去っていった。そして「理想のMT車探し」として残すはあと数台というところで Z34に乗った。
ZはMT車としての評価は並みのレベルだ。しかし、どこから見ても最新スポーツカーで乗り込んでエンジンをかけてハンドルを握る……それだけで満足した。 特にアルカンターラ巻きのステアリングはシフト操作で左手を離すのがもったいないほどに良かった。
この感覚は古いMT車より NDロードスタールノーメガーヌRS の方が感じられる。またGJアテンザ購入時にも同じような満足感を得ていたことを思い出させてくれた。

そこへもってきて救世主の登場だ。 いわゆるキノコ型むき出しエアクリーナーの「TRUST GReddy Airinx B Type」である。
同じ悩みを持つ方にとっては涙モノのこの商品ならば、諦めていたアクセル踏めば「ボーーゥ」、ターボかければ「キュイィン」、シフトダウンで「ブオン!」の夢が叶う。

様々なスポーツカーに乗り、自分がどのポイントで満足するのかが分かってきた今ならばわかる。 今のGJアテンザにあと何を施せばZ34のように男の熱い血をたぎらせられる車になるのかが。

前置きがかなり長くなってしまったが、このページではGJアテンザで血をたぎらせる方法を紹介していこう。
具体的には、
▼ 乗り込む前
▼ ドアを開ける
▼ 座る
▼ ブレーキを踏む
▼ エンジンをかける
▼ ハンドブレーキを下げる
▼ シフトをドライブへ
▼ ハンドルを握る
▼ アクセルを踏む
▼ メーターを見る
▼ パドルシフトでシフトチェンジ

上記の順番で、車に乗る直前から走り出すまでの視線や触るものにレーシング要素を組み込んで徐々に血をたぎらせていけばよい。
▼ 乗り込む前に
トランクスポイラーやウィングを見せてそれが活かされるスピード域を意識させる。
J-unit アテンザ GJ#FP 前期 リアウイング

J-unit アテンザ GJ#FP 前期 リアウイング
価格:44,373円(税込、送料別)


▼ ドアを開ける
アルミペダルを目に飛び込ませて乗る前から踏む気にさせる

▼ 座る
助手席側の内装にちょいとレッドラインを見せる

▼ ブレーキを踏む
アルミペダル
▼ エンジンをかける
ここは純正のプッシュスタートでOK
▼ ハンドブレーキを下げる
オールレザー×赤ダブルステッチで赤を見せる

▼ シフトをドライブへ
レクサス IS-F用シフトノブで常にマニュアルモードに入れさせよう

▼ ハンドルを握る
KENSTYLE(ケンスタイル)のアルカンターラ(レッドステッチ)巻きで「ウホッ(^ ^)」とさせる

▼ アクセルを踏む
スポーツマフラー音で強大トルクを強調する

▼ メーターを見る
インテリアにカーボン柄を入れラグジュアリー路線ではないことを認識させる

▼ パドルシフトでシフトチェンジ
KENSTYLE(ケンスタイル)オリジナル ロングパドルシフトで積極的なシフトチェンジを促そう

……ここまでやってもMTではないことで血がたぎらない人は
KNIGHT SPORTS(ナイトスポーツ) SPORTS ROM 4BEAT-Dのコンビューターチューンをオススメする。
高回転域でのトルク落ちがなくなり、回転の上昇が早くなる。要はMTでは扱えないくらいの車にしてしまえばよいのだ。
MTの設定がないからと言って35 GT-RやレクサスIS-Fに満足しない人はいないだろう。

みんカラはこちら   YouTubeチャンネル

★カテゴリー




★人気ページ 一覧★


スポーツカー100台乗り比べ(試乗/レンタカー/カーシェア/代車)
RX-8の選び方
MT操作で最も難しいのは「高回転で1速から2速のシフトアップ」
BMWの分かりにくいDSCを解説
【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?
【試乗】ついにたどり着いた「ロータス・エリーゼ」
【検証】brembo(ブレンボ)ブレーキディスク交換の効果は?|BMW M240iクーペ(MT)
納車から2年!BMW M240iクーペ(MT)の平成最後の「駆けぬける歓び」
ルノー・メガーヌR.S. VS メガーヌGT!両車があのFRドイツ車になり代わる!?
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(4コントロール/4HCC編)
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(DASS編)
【必見】絶対に失敗しないルノー車の購入方法
車が「モビルスーツ」になる!その条件とは!?
憧れナンバーワン!トヨタ・スープラSZに試乗(A80/NA/中後期)
ルノー・スポールの間口を広げた偉大なるルーテシアR.S.
BMW M3セダン(F80)は1000万オーバーの価値がある車だった
【納車】ついに手に入れたルノースポール(ライコネン優勝おめでとう)
【2018年】新型ルノー・メガーヌGT/MCルーテシアRSトロフィー★イッキ乗り
ルノーメガーヌRSの瞬発力と存在感はウサイン・ボルト級
アバルト124スパイダーの「刺激」に勝るのはあの「レーシングスピリット」だけ
【試乗】BMW X2!FFとアイシンAW製8ATの実力はいかに
私がBMWアダプティブMサスペンションをダウンサスでローダウンしない理由
クルマを当て逃げされたら保険を使う?自腹で修理する?
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」
SUV徹底比較(国産車編)
BMW 3シリーズ(F30)のシフトショック改善方法
NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」
初マイカーにNDロードスターをススめる理由
NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
SUV徹底比較(輸入車編)
絶景ドライブコース100選の制覇状況
「千里浜なぎさドライブウェイ/東尋坊/福井県立恐竜博物館」を駆けぬけるルート
BMWのヒエラルキーを装備で解説
GJアテンザ マフラー比較
加速度センサーで学ぶドライビングテクニック
ジャガー最小SUV E-PACEの選び方
「伊勢志摩スカイライン/伊勢パールロード」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iで走った「伊吹山ドライブウェイ」はドライビングを楽しむ暇がないほどの・・
HONDA S660であえて選ぶCVT!
BMW M240iクーペ(MT) オートブリッピングのすべて
BMW 320i Mスポーツの5つのスゴイところ
ついに納車されたBMW M240iクーペ(MT)
プジョー208GTiの操作系が「ユルい」のは確信犯だった
納車から1年!BMW M240iクーペの「駆けぬける歓び」を振り返る
ヒール&トゥを「6つのポイント」で攻略 (BMW M240iクーペ)
BMWのMT操作を「7つのポイント」で攻略(M240iクーペ)
BMW 主力エンジン『B48B20A』は330e(PHEV)でも快音を響かせる
「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ
【緊急掲載】MAZDAのソウルレッドが良い理由
アバルト124スパイダーは本当にMAZDA製造なのか?
敷居が高い「ポルシェ/オープン/左ハンドル」も「ボクスター(PDK)」ならありかも
30分で行う「業者レベルの手洗い洗車」方法
BMW M240iクーペ慣らし運転方法(yoyolegalega的BMW慣らし運転方法)
BMW M240iクーペ エンジン音のすべて
クルマ界のイチローはSUBARUレヴォーグ!
GJアテンザ ツライチ 方法
BMW M240iクーペ(MT) エクステリア改善計画 ※M3/M4と比較
BMW M240iスモークテールをビフォーアフターで比較
BMW M240iクーペ 純正リアバンパー取り外し方法
BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け
加速度センサー(レーダー探知機)の取付け方法(BMW M240iクーペ)
GJアテンザ タイヤ比較
スバルWRX STI(6MT)は国産車を代表するピュアスポーツカー
ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)
スポーツカー試乗レポート(トヨタ86/マツダRX-7/ルノー メガーヌRS/日産35GTR/ホンダ S2000/BMW M3/スバルWRX/ポルシェボクスター/VWシロッコ)
VWニュービートル(GH-9CAZJ)は30万で個性的なルックスとザ・ドイツ車を楽しめるクルマ!
GJアテンザ トランクスポイラー装着
GJアテンザ フォグ メッキ塗装
GJアテンザ M'z CUSTOM(エムズカスタム) サイドスカート装着
BMW320i(F30)で走った「西伊豆スカイライン」はショートホイールベース必須のテクニカルコースだった
「箱根ターンパイク/椿ライン/芦ノ湖スカイライン/箱根スカイライン/長尾峠/七曲り」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iクーペの「スポーツ」「スポーツ・プラス」の違い
BMW M240iクーペの「パッケージング」はALPINA B3 Sリムジンから隔世遺伝していた
「低排出ガス車ステッカー」と「定期点検ステッカー」は貼る義務はない(らしい)
RX-8 タイプRSは2020年東京オリンピックまでに乗ってほしいクルマ
BMW M4クーペはFRの楽しみを奪うほどの「オンザレール感」
M4クーペ(F82)はBMWスポーティ部門の頂点に立つ車
RX-8 タイプRSが最高な理由
RX-8の「プラグかぶり対策」と「低速でのギクシャク対策」
RX-8の3つのスゴイところ
BMW135iクーペはMTで最も楽しめるBMWのひとつ
BMW3シリーズ(F30/F31)に復活した直6は250万の価値があるのか
ドアの長さまで比較!大人4人が乗れるMTスポーツカー!
GJアテンザ ロングパドルシフト装着
手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)
マニュアル車の選び方
AT車 MT車 楽しさ 比較