BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け

2017/11/12


ついにエクステリア最終章(?)となる「リアディフューザー」の装着。くどいようだが、
エクステリア改善計画も合わせて見ていただけると狙いがよりよく伝わると思う。
先日個人的に大きな達成感を感じ、これから夏にかけて色んなドライブコースでM240の写真を撮ることもふまえて、自分へのご褒美にこのリアディフューザーをポチってしまった。
有名なメーカーのものではないが、形状はautoplusのものと同じ。
いつものように取り付け方法を写真付きで解説していくが、意外な結末となったので最後まで見ていただきたい。


★取り付け方法


まず純正リアバンパーの取り外し方法はこちらにてご確認を。


商品はこちらのリアルカーボン製。あまり知られていないがこれは「本物のカーボン」である。「カーボン調」ではない。


手厚く梱包されていたがご覧のとおり既に破損あり。しかしこの部分は装着してしまえば隠れるはずだし、元々左右はマットブラック塗装することも検討していたため塗装と補強テープで対処することにした。


マスキングは、


このように・・丁寧に・・いやいや逆!逆!!


カーボンを残すセンター側に丁寧に貼っていく


逆も


あとは新聞紙でセンターを隠せばOK


クリップ部分も塗装は不要なのでマスキング(クリップというかただの突起物・・)


いきなり塗装後


おぉ!!


おぉぉ!!!意外にも良い出来栄え!クリアーなどが要らないから「マットブラック塗装」は楽だ。


破損があった箇所。。黒くしてみると破損があるのは明白。


念のため補修テープで補強してその上から黒く塗った


さぁ、これが取り付けるリアディフューザー。


ここまでは楽しかった


いよいよ取り付けだが、 純正リアバンパーの取り外し方法はこちらのように取り外して、 まずはマフラーに置くようにしてから・・


クリップをはめていけば良いのだが・・・・全然はまらん。。クリップというかただの突起物だなこれは。。


左をはめれば、右が外れるという・・


そしてネジ穴もずれまくり。。


試行錯誤の結果、クリップがボディにくいこむように「隙間テープ」を挟んだり新しく「穴あけ」してなんとか装着完了。。。


フィッティングは最悪だが、


こんな感じで


いかつくなったのだが、、なんか違和感があるのでそれは「総評」にて。


ご覧のように浮きまくってしまい、隠れると思っていた破損部分もあらわに(泣)


純正との比較1


なんか違うクルマみたいだな


純正との比較2


うーん、いかついというか「上品」だったのが極端な表現だと「下品」に。。イメージが伝わるように言い換えるとMAZDAのNDロードスターのスッキリしたリアビューがトヨタ86(ディフューザー付)のゴツいリアビューになってしまったような変貌ぶり。


純正との比較3


なるほどね


★総評


リアディフューザーといえば「カーボン」といっても過言ではない。そのくらいカーボンリアディフューザーがあふれている。筆者もカーボンには憧れがあるし、素直にカッコイイと思って今回の商品を装着したのだが実際に見ると「ものすごく目立つ」。いかついディフューザー部分だけをカーボンにしたのもあって特にそう感じてしまう。


↑の写真が一番よくわかるが、カーボンの柄が浮いて「ボテっと」見えてしまう。光が当たると白い部分が反射するせいであろう。

多彩なBMWのラインナップの中で、MTの設定があるのは2017/7時点でM4、M2、M240i、320iの4車種のみであり、M240iクーペはM4、M2と並ぶ「ピュアスポーツカー」といえる。※BMW売上トップの3シリーズ(320i)にMT設定があるのは戦略だとして)
そんなM240iクーペを購入する人は「スポーツセダン」が欲しいのではなく、「ピュアスポーツカー」もしくは「高級クーペ」を求めているはずである。
筆者はどちらかといえば「高級クーペ」としてM240iを選んだため、カーボンリアディフューザーは少々やり過ぎてしまった感がある。

その解決策は、
autoplusのこれを買い
・マットブラック×ボディカラー(バイカラー塗装)
・取り付けは業者に依頼する
もしくは

やはり行き着くところは純正なのか「M Performance」にするか!(付属品が多くて高いけど)




最後になるが、この商品は元々「破損」があったため、業者と写真をふまえて相談した結果「返品」させてもらうことにした。純正に戻したら「心」が明らかに落ち着いたためしばらくは純正のままでいようと思う。
みんカラはこちら   YouTubeチャンネル

★カテゴリー




★人気ページ 一覧★


スポーツカー100台乗り比べ(試乗/レンタカー/カーシェア/代車)
MT操作で最も難しいのは「高回転で1速から2速のシフトアップ」
【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?
【試乗】ついにたどり着いた「ロータス・エリーゼ」
【検証】brembo(ブレンボ)ブレーキディスク交換の効果は?|BMW M240iクーペ(MT)
納車から2年!BMW M240iクーペ(MT)の平成最後の「駆けぬける歓び」
ルノー・メガーヌR.S. VS メガーヌGT!両車があのFRドイツ車になり代わる!?
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(4コントロール/4HCC編)
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(DASS編)
【必見】絶対に失敗しないルノー車の購入方法
車が「モビルスーツ」になる!その条件とは!?
憧れナンバーワン!トヨタ・スープラSZに試乗(A80/NA/中後期)
ルノー・スポールの間口を広げた偉大なるルーテシアR.S.
BMW M3セダン(F80)は1000万オーバーの価値がある車だった
【納車】ついに手に入れたルノースポール(ライコネン優勝おめでとう)
【2018年】新型ルノー・メガーヌGT/MCルーテシアRSトロフィー★イッキ乗り
ルノーメガーヌRSの瞬発力と存在感はウサイン・ボルト級
アバルト124スパイダーの「刺激」に勝るのはあの「レーシングスピリット」だけ
【試乗】BMW X2!FFとアイシンAW製8ATの実力はいかに
私がBMWアダプティブMサスペンションをダウンサスでローダウンしない理由
クルマを当て逃げされたら保険を使う?自腹で修理する?
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」
SUV徹底比較(国産車編)
BMW 3シリーズ(F30)のシフトショック改善方法
NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」
初マイカーにNDロードスターをススめる理由
NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
SUV徹底比較(輸入車編)
絶景ドライブコース100選の制覇状況
「千里浜なぎさドライブウェイ/東尋坊/福井県立恐竜博物館」を駆けぬけるルート
BMWのヒエラルキーを装備で解説
GJアテンザ マフラー比較
加速度センサーで学ぶドライビングテクニック
ジャガー最小SUV E-PACEの選び方
BMWの分かりにくいDSCを解説
「伊勢志摩スカイライン/伊勢パールロード」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iで走った「伊吹山ドライブウェイ」はドライビングを楽しむ暇がないほどの・・
HONDA S660であえて選ぶCVT!
BMW M240iクーペ(MT) オートブリッピングのすべて
BMW 320i Mスポーツの5つのスゴイところ
ついに納車されたBMW M240iクーペ(MT)
プジョー208GTiの操作系が「ユルい」のは確信犯だった
納車から1年!BMW M240iクーペの「駆けぬける歓び」を振り返る
ヒール&トゥを「6つのポイント」で攻略 (BMW M240iクーペ)
BMWのMT操作を「7つのポイント」で攻略(M240iクーペ)
BMW 主力エンジン『B48B20A』は330e(PHEV)でも快音を響かせる
「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ
【緊急掲載】MAZDAのソウルレッドが良い理由
アバルト124スパイダーは本当にMAZDA製造なのか?
敷居が高い「ポルシェ/オープン/左ハンドル」も「ボクスター(PDK)」ならありかも
30分で行う「業者レベルの手洗い洗車」方法
BMW M240iクーペ慣らし運転方法(yoyolegalega的BMW慣らし運転方法)
BMW M240iクーペ エンジン音のすべて
クルマ界のイチローはSUBARUレヴォーグ!
GJアテンザ ツライチ 方法
BMW M240iクーペ(MT) エクステリア改善計画 ※M3/M4と比較
BMW M240iスモークテールをビフォーアフターで比較
BMW M240iクーペ 純正リアバンパー取り外し方法
BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け
加速度センサー(レーダー探知機)の取付け方法(BMW M240iクーペ)
GJアテンザ タイヤ比較
スバルWRX STI(6MT)は国産車を代表するピュアスポーツカー
ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)
スポーツカー試乗レポート(トヨタ86/マツダRX-7/ルノー メガーヌRS/日産35GTR/ホンダ S2000/BMW M3/スバルWRX/ポルシェボクスター/VWシロッコ)
VWニュービートル(GH-9CAZJ)は30万で個性的なルックスとザ・ドイツ車を楽しめるクルマ!
GJアテンザ トランクスポイラー装着
GJアテンザ フォグ メッキ塗装
GJアテンザ M'z CUSTOM(エムズカスタム) サイドスカート装着
BMW320i(F30)で走った「西伊豆スカイライン」はショートホイールベース必須のテクニカルコースだった
「箱根ターンパイク/椿ライン/芦ノ湖スカイライン/箱根スカイライン/長尾峠/七曲り」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iクーペの「スポーツ」「スポーツ・プラス」の違い
BMW M240iクーペの「パッケージング」はALPINA B3 Sリムジンから隔世遺伝していた
「低排出ガス車ステッカー」と「定期点検ステッカー」は貼る義務はない(らしい)
RX-8 タイプRSは2020年東京オリンピックまでに乗ってほしいクルマ
BMW M4クーペはFRの楽しみを奪うほどの「オンザレール感」
M4クーペ(F82)はBMWスポーティ部門の頂点に立つ車
RX-8 タイプRSが最高な理由
RX-8の「プラグかぶり対策」と「低速でのギクシャク対策」
RX-8の3つのスゴイところ
RX-8の選び方
BMW135iクーペはMTで最も楽しめるBMWのひとつ
BMW3シリーズ(F30/F31)に復活した直6は250万の価値があるのか
ドアの長さまで比較!大人4人が乗れるMTスポーツカー!
GJアテンザ ロングパドルシフト装着
手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)
マニュアル車の選び方
AT車 MT車 楽しさ 比較