「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ

2018/03/02


先日スノーボードに行くためにCX-5を借りた。2016年にGJアテンザからBMWに乗り換えてからは雪山に行くときは荷物を送ってレンタカーを借りることが多い。大きな荷室のあるクルマから離れて約2年が経ち、CX-5のようなSUVに長時間乗ると、その見晴らしのよさと荷室の広さには感動すら覚えてしまう。FRスポーツカーといえば雪道に弱く(走れないわけではないが)、回頭性能に影響するホイールベースが短いため居住空間が狭く、同様に短い全長で荷室も狭い。

今回はそんな「FRスポーツカー乗り」がもしセカンドカーで買うとしたら?というテーマでSUVおよびステーションワゴンの比較を行いたい。

★条件


FRスポーツカー乗りが同じような乗り味でしかもさほど荷室容量も差がない「セダン」や「コンパクトハッチバック」を欲しがることは少ないため、下記のような条件とする。

・新車/中古で200万以下
・5ドア
・トランク容量500L以上
・ホイールベース2640mm以上
・全幅1900mm以下
・最低地上高 130mm以上
・全高1450mm以上
・駆動方式は4WDもしくはFF
・トランスミッションはMT/DCTおよびブリッピング機能付AT
・MT以外の場合はパドルシフト装着車、もしくはBMWやMAZDAのようにATシフトノブを引いてUP、押してDOWNとなっていること。

★300万クラス


・ルノー・メガーヌスポーツツアラーGT MT
・ランクルプラド、6ATは2015-
・ルノー・カジャー
・VW・2代目ティグアン
・プジョー・3008、全車パドル
・BMW・X1

★250万クラス


・アウディ・A6アバント、2012-、7DCT、V6

★200万クラス


・BMW X3、2012-、8AT
・アウディ・Q5、2009、7速DCT
・ルノー・メガーヌエステートGT220 MT、希少

★150万クラス


・3代目アテンザワゴンMT
5代目BRレガシィツーリングワゴンMT、トランク520L
ルノー・カングー MT、2009-

★130万クラス


・CX-5 6AT

★100万クラス


・プジョー・508SW、2011-、6AT、全車パドル、パノラマルーフ装備
・フォレスターMT、2007-
・VW・パサートヴァリアント、2011-
・エクストレイル MT
・2代目アテンザスポーツワゴンMT、トランク519L

★対象外


●ホイールベースが短い(2640mm未満)
・VW・ゴルフ
・VW・初代ティグアン
・AUDI Q2/Q3
・ルノー・ルーテシア/キャプチャー
・エスクード、ヴェゼル、CX3、他ミニSUV全般

●全高が低い(1450mm未満)
・アウディ・A4アバント

●トランクが小さい(500L未案)
・メルセデスベンツ GLA
・メルセデスベンツCクラスワゴン
・ボルボV40/V60
・スカイラインクロスオーバー
・フォード・クーガ、トランク容量が406L
・4代目BPレガシィツーリングワゴンMT、トランク容量が459L

●車高が低い(130mm未満)
・プジョー・308SW、最低地上高が120mm
みんカラはこちら   YouTubeチャンネル


★カテゴリー




★人気ページ 一覧★


スポーツカー100台乗り比べ(試乗/レンタカー/カーシェア/代車)
MT操作で最も難しいのは「高回転で1速から2速のシフトアップ」
【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?
【試乗】ついにたどり着いた「ロータス・エリーゼ」
【検証】brembo(ブレンボ)ブレーキディスク交換の効果は?|BMW M240iクーペ(MT)
納車から2年!BMW M240iクーペ(MT)の平成最後の「駆けぬける歓び」
ルノー・メガーヌR.S. VS メガーヌGT!両車があのFRドイツ車になり代わる!?
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(4コントロール/4HCC編)
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(DASS編)
【必見】絶対に失敗しないルノー車の購入方法
車が「モビルスーツ」になる!その条件とは!?
憧れナンバーワン!トヨタ・スープラSZに試乗(A80/NA/中後期)
ルノー・スポールの間口を広げた偉大なるルーテシアR.S.
BMW M3セダン(F80)は1000万オーバーの価値がある車だった
【納車】ついに手に入れたルノースポール(ライコネン優勝おめでとう)
【2018年】新型ルノー・メガーヌGT/MCルーテシアRSトロフィー★イッキ乗り
ルノーメガーヌRSの瞬発力と存在感はウサイン・ボルト級
アバルト124スパイダーの「刺激」に勝るのはあの「レーシングスピリット」だけ
【試乗】BMW X2!FFとアイシンAW製8ATの実力はいかに
私がBMWアダプティブMサスペンションをダウンサスでローダウンしない理由
クルマを当て逃げされたら保険を使う?自腹で修理する?
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」
SUV徹底比較(国産車編)
BMW 3シリーズ(F30)のシフトショック改善方法
NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」
初マイカーにNDロードスターをススめる理由
NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
SUV徹底比較(輸入車編)
絶景ドライブコース100選の制覇状況
「千里浜なぎさドライブウェイ/東尋坊/福井県立恐竜博物館」を駆けぬけるルート
BMWのヒエラルキーを装備で解説
GJアテンザ マフラー比較
加速度センサーで学ぶドライビングテクニック
ジャガー最小SUV E-PACEの選び方
BMWの分かりにくいDSCを解説
「伊勢志摩スカイライン/伊勢パールロード」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iで走った「伊吹山ドライブウェイ」はドライビングを楽しむ暇がないほどの・・
HONDA S660であえて選ぶCVT!
BMW M240iクーペ(MT) オートブリッピングのすべて
BMW 320i Mスポーツの5つのスゴイところ
ついに納車されたBMW M240iクーペ(MT)
プジョー208GTiの操作系が「ユルい」のは確信犯だった
納車から1年!BMW M240iクーペの「駆けぬける歓び」を振り返る
ヒール&トゥを「6つのポイント」で攻略 (BMW M240iクーペ)
BMWのMT操作を「7つのポイント」で攻略(M240iクーペ)
BMW 主力エンジン『B48B20A』は330e(PHEV)でも快音を響かせる
「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ
【緊急掲載】MAZDAのソウルレッドが良い理由
アバルト124スパイダーは本当にMAZDA製造なのか?
敷居が高い「ポルシェ/オープン/左ハンドル」も「ボクスター(PDK)」ならありかも
30分で行う「業者レベルの手洗い洗車」方法
BMW M240iクーペ慣らし運転方法(yoyolegalega的BMW慣らし運転方法)
BMW M240iクーペ エンジン音のすべて
クルマ界のイチローはSUBARUレヴォーグ!
GJアテンザ ツライチ 方法
BMW M240iクーペ(MT) エクステリア改善計画 ※M3/M4と比較
BMW M240iスモークテールをビフォーアフターで比較
BMW M240iクーペ 純正リアバンパー取り外し方法
BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け
加速度センサー(レーダー探知機)の取付け方法(BMW M240iクーペ)
GJアテンザ タイヤ比較
スバルWRX STI(6MT)は国産車を代表するピュアスポーツカー
ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)
スポーツカー試乗レポート(トヨタ86/マツダRX-7/ルノー メガーヌRS/日産35GTR/ホンダ S2000/BMW M3/スバルWRX/ポルシェボクスター/VWシロッコ)
VWニュービートル(GH-9CAZJ)は30万で個性的なルックスとザ・ドイツ車を楽しめるクルマ!
GJアテンザ トランクスポイラー装着
GJアテンザ フォグ メッキ塗装
GJアテンザ M'z CUSTOM(エムズカスタム) サイドスカート装着
BMW320i(F30)で走った「西伊豆スカイライン」はショートホイールベース必須のテクニカルコースだった
「箱根ターンパイク/椿ライン/芦ノ湖スカイライン/箱根スカイライン/長尾峠/七曲り」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iクーペの「スポーツ」「スポーツ・プラス」の違い
BMW M240iクーペの「パッケージング」はALPINA B3 Sリムジンから隔世遺伝していた
「低排出ガス車ステッカー」と「定期点検ステッカー」は貼る義務はない(らしい)
RX-8 タイプRSは2020年東京オリンピックまでに乗ってほしいクルマ
BMW M4クーペはFRの楽しみを奪うほどの「オンザレール感」
M4クーペ(F82)はBMWスポーティ部門の頂点に立つ車
RX-8 タイプRSが最高な理由
RX-8の「プラグかぶり対策」と「低速でのギクシャク対策」
RX-8の3つのスゴイところ
RX-8の選び方
BMW135iクーペはMTで最も楽しめるBMWのひとつ
BMW3シリーズ(F30/F31)に復活した直6は250万の価値があるのか
ドアの長さまで比較!大人4人が乗れるMTスポーツカー!
GJアテンザ ロングパドルシフト装着
手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)
マニュアル車の選び方
AT車 MT車 楽しさ 比較