SUV徹底比較(輸入車編)

2018/08/28


今世界中で大ブームとなっているSUV。最近ついにアルファロメオからも「ステルヴィオ」が発売開始となったが、今回はそんなSUVの中でも特に熱い「ミドルサイズSUV(輸入車)」の比較を「見晴らしの良さ/使い勝手/安全装備/動力性能」の観点で採点してそのランキングレビューしたい。なお、エクステリアや内装は好みによるため採点の対象外とさせていただいた。

★対象車種(9台)


・プジョー 3008 GT LINE(FF)
ジャガー E-PACE 250PS(4WD)
・JEEP RENEGADE TRAILHAWK(4WD)
・JEEP COMPASS LIMITED(4WD)
・MINI クロスオーバー クーパーSD ALL4(4WD)
・ボルボ XC40(4WD)
・ルノー KADJAR(FF)
・BMW X1 xDrive 20i(4WD)
・VW ティグアン(FF)
・フィアット500X(FF)
・本体価格699万円まで。BMW X3/X5、アウディQ5/Q7、ポルシェ マカン/カイエンなどは除外。
・ミドルサイズSUVの目安として全幅1900mm以内、全長4500mm以内、最低地上高180mm以上。
・BMW X1とプラットフォームとともにするMINIクロスオーバーは特別に対象内。
・対象車種9台全て実際に乗ったことがあるが、2-3台は助手席のみの乗車のため一部「予想採点」もある。


★評価指標


・最低地上高:200mm/3点、180mm/2点、170mm/1点。
・ドアシル高:460mm/3点、430mm/2点、400mm/1点。
・シート高:720mm/3点、670mm/2点、620mm/1点。
・全高:1680mm/3点、1650mm/2点、1620mm/1点。
・パワーシート:8way以上&ランバーサポート&メモリー/3点、8way以上&メモリー/2点、8way以上/1点。
・トランスミッション
・パドルシフト/MTモード形式
・トランク容量:550L/3点、500L/2点、450L/1点。
・トランクスルー形式:4-2-4分割/3点、6-4分割&中央に貫通穴/2点、6-4分割/1点。
・自動ブレーキ:車両60km以下歩行者60km以下/3点、 歩行者検知無し/2点、ブレーキのみで補助のみ/1点
・アダプティブクルーズコントロール:全車速ストップ&ゴー/3点、全車速ブレーキまで/2点、低速で自動解除/1点。
・エンジン音/ふけ上がり
・悪路走破性:フルタイム4WD/3点、スタンバイ4WD/2点、悪路走破モード付FF/1点。


★プジョー 3008 GT LINE(FF)



★総合得点:23点


・最低地上高:1点(175mm)
・ドアシル高:1点(420mm)
・シート高:2点(680mm)
・全高:1点(1630mm)
・パワーシート:0点
・トランスミッション:3点 ※変速スピードが速く、ショックも無し。
・パドルシフト/MTモード形式:3点 ※パドルシフト全車装備、質感も高い。
・トランク容量:2点(520-1482L)
・トランクスルー形式:2点(6-4分割&中央に貫通穴)
・自動ブレーキ:3点(車両80km以下歩行者60km以下)
・アダプティブクルーズコントロール:2点(全車速ブレーキまで)
・エンジン音/ふけ上がり:2点
・悪路走破性:1点(悪路走破モード付FF)


・見晴らしはいたって「普通」であるため実際に308などと比べた方がよい。
・アダプティブクルーズコントロールの再スタートができないのは非常に残念。
・1.6LターボエンジンとアイシンAW製の6ATはそこそこパワフルでスムースに楽しめる。物足りない場合は約5000回転まで回る2Lディーゼルを選べばよいが全幅が186cmになってしまう(非ディーゼルは184cm)。
・エクステリアと内装の「オシャレ度」はトップクラス
・パワーシートの設定がないのはBad



★ジャガー E-PACE 250PS(4WD)



★総合得点:33点


・最低地上高:3点(204mm)
・ドアシル高:3点(465mm)
・シート高:3点(740mm)
・全高:2点(1650mm)
・パワーシート:1点(8way以上) ※主力の10wayは実質8way(ヘッドレストも2way扱い)だが運転席/助手席ともに10wayでGood
・トランスミッション:3点 ※ZF製9速ATは変速スピードが速く、ショックも無し。
・パドルシフト/MTモード形式:2点 ※パドルシフトは全車装備ではなく質感も低いが、MTモードが引いてアップ押してダウンでGood。
・トランク容量:3点(577-1234L)
・トランクスルー形式:1点(6-4分割)
・自動ブレーキ:3点(車両80km以下歩行者60km以下)
・アダプティブクルーズコントロール:3点(全車速ストップ&ゴー)
・エンジン音/ふけ上がり:3点 ※P250でも充分
・悪路走破性:3点(フルタイム4WD)


・約6000回転のトップエンドまで常に回したくなるようなエンジン音と加速感(トルク365Nm)が得られ、特に「ダイナミックモード」にするとその高揚感は並のスポーツカーでは太刀打ち出来ないほど。ちなみにBMWでも採用されているZF製の9速AT(BMWは8AT)はダイレクト感やシフトショック、変速レスポンスの「出来」が文句の付けようが無いレベルで、全グレード共通となっている。
・エクステリア、見晴らしは比較車種の中でトップクラス。安全装備やアダプティブクルーズコントロールなどもオプションで装着可能で抜かりはない。
・全幅が190cmという大きさと、本体価格が475万なのに総額が700万前後になってしまう点が Bad。


★JEEP RENEGADE(レネゲード) TRAILHAWK(4WD)



★総合得点:20点


・最低地上高:3点(200mm)
・ドアシル高:3点(460mm)
・シート高:2点(690mm)
・全高:3点(1725mm)
・パワーシート:0点
・トランスミッション:0点 ※ZF製9ATのMTモードに難あり。充分な減速をして回転数も2000回転程度まで落としても4速から3速にシフトダウンできない(3速->2速も同様)。
・パドルシフト/MTモード形式:1点 ※パドルシフトはないが、MTモードが引いてアップ押してダウンでGood。
・トランク容量:0点(351-1297L)
・トランクスルー形式:3点(4-2-4分割)
・自動ブレーキ:1点(ブレーキのみで補助のみ)
・アダプティブクルーズコントロール:0点
・エンジン音/ふけ上がり:1点 ※NA2.4L(175PS)は悪くはないが高揚感は無し
・悪路走破性:3点(フルタイム4WD)


・9ATのMTモードに難あり。充分な減速をして回転数も2000回転程度まで落としても4速から3速にシフトダウンできない(3速->2速も同様)。同じエンジン、同じATのコンパスが問題なかったため試乗した個体の不具合の可能性あり)
・見晴らしが最低地上高や全高からするとさほどよくなく、コンパスのほうが良好だった。その原因はパワーシートか否かが影響している可能性あり。マニュアルシートだと細かな調整が物理的に難しい。
・2WDのLIMITEDなら、最低地上高が170mmになってしまうものの、シフトダウン問題が起きるはずがないであろう6速DCT、運転席/助手席パワーシート、アダプティブクルーズコントロール、そしてTRAILHAWK同様に40:20:40分割可倒式リアシートを備える。


★JEEP COMPASS(コンパス) LIMITED(4WD)



★総合得点:23点


・最低地上高:2点(180mm)
・ドアシル高:2点(435mm)
・シート高:3点(720mm)
・全高:1点(1640mm)
・パワーシート:3点(8way以上&ランバーサポート&メモリー)
・トランスミッション:0点 ※ZF製9ATは変速スピードが遅く(かなり待たされる)、6000回転超で自動シフトアップしてしまうのが惜しい。しかもその際のシフトショックが大きい。
・パドルシフト/MTモード形式:1点 ※パドルシフトはないが、MTモードが引いてアップ押してダウンでGood。
・トランク容量:0点(410L)
・トランクスルー形式:3点(4-2-4分割)
・自動ブレーキ:1点(ブレーキのみで補助のみ)
・アダプティブクルーズコントロール:3点(全車速ストップ&ゴー)
・エンジン音/ふけ上がり:1点 ※NA2.4L(175PS)は悪くはないが高揚感は無し
・悪路走破性:3点(フルタイム4WD)


・デザイン良し、SUVの雰囲気良し、見晴らし良し。
・エンジン、トランスミッション(9速)、エクステリア、コンパクトなサイズ、4WD性能、使い勝手(3分割リアシート)、音響(9基)、安全装備、アダプティブクルーズコントロールなどを高次元にまとめて419万はバーゲンセール。



★MINI クロスオーバー クーパーSD ALL4(4WD)




★総合得点:24点


・最低地上高:0点(165mm)
・ドアシル高:1点(415mm)
・シート高:0点(600mm)
・全高:0点(1595mm)
・パワーシート:3点(8way以上&ランバーサポート&メモリー)
・トランスミッション:1点 ※アイシンAW製8ATは変速スピードは早いが、5000回転超で自動シフトアップしてしまうのが惜しい。しかもその際のシフトショックが大きい。
・パドルシフト/MTモード形式:3点 ※パドルシフトも装備可能だが、ATセレクターでもMTモードが引いてアップ押してダウンでGood。
・トランク容量:1点(450L)
・トランクスルー形式:3点(4-2-4分割)
・自動ブレーキ:3点(車両60km以下歩行者60km以下)
・アダプティブクルーズコントロール:3点(全車速ストップ&ゴー)
・エンジン音/ふけ上がり:3点
・悪路走破性:3点(フルタイム4WD)
・充実装備で得点は高いが、SUVの雰囲気や見晴らし良さを求めるならば選ぶべからず。


★ボルボ XC40(4WD)



★総合得点:26-32点 ※予想29点


・最低地上高:3点(210mm)
・ドアシル高:3点(460mm)
・シート高:1点(660mm)
・全高:2点(1660mm)
・パワーシート:3点(8way以上&ランバーサポート&メモリー)
・トランスミッション:-点 ※アイシンAW製8速ATはおそらく1点。V40の同6ATの出来から判断。
・パドルシフト/MTモード形式:3点 ※パドルシフトの設定はRデザインのみとなるが、質感は高い。
・トランク容量:1点(460-1336L)
・トランクスルー形式:1点(6-4分割)
・自動ブレーキ:3点(夜間OK、歩行者OK) ※作動速度などの数値の指標は公開されてない?
・アダプティブクルーズコントロール:3点(全車速ストップ&ゴー)
・エンジン音/ふけ上がり:-点 ※おそらく2点
・悪路走破性:3点(フルタイム4WD)
・バランスは良いがトランスミッションとエンジン特性に満足できるかがポイント


★ルノー KADJAR(カジャー)(FF)



★総合得点:14-20点 ※予想16点


・最低地上高:3点(200mm)
・ドアシル高:2点(430mm)
・シート高:2点(670mm)
・全高:0点(1610mm)
・パワーシート:1点(8way以上) ※運転席のみ
・トランスミッション:-点 ※7速DCT(7EDC)はおそらく2点。
・パドルシフト/MTモード形式:2点 ※パドルシフトの設定は無いが、ATセレクターでもMTモードが引いてアップ押してダウンでGood。
・トランク容量:2点(527-1478L)
・トランクスルー形式:1点(6-4分割)
・自動ブレーキ:1点(ブレーキのみで補助のみ)
・アダプティブクルーズコントロール:0点
・エンジン音/ふけ上がり:-点 ※おそらく2点
・悪路走破性:0点
・SUVの雰囲気や見晴らしなどは良さそうだが装備の面で厳しい結果になった。


★BMW X1 xDrive 20i(4WD)



★総合得点:28-31点 ※予想31点


・最低地上高:2点(185mm)
・ドアシル高:2点(430mm) 
・シート高:3点(730mm)
・全高:0点(1610mm)
・パワーシート:2点(8way以上&メモリー) ※運転席&助手席
・トランスミッション:1点 ※アイシンAW製8速ATはおそらく1点。プラットフォームが同じMINIクロスオーバーの出来から判断。
・パドルシフト/MTモード形式:3点 ※パドルシフトの設定はMスポーツのみとなるが、質感は高い。
・トランク容量:2点(505-1550L)
・トランクスルー形式:3点(4-2-4分割)
・自動ブレーキ:3点(歩行者OK) ※ユーロNCAP5つ星。作動速度などの数値の指標は公開されてない?
・アダプティブクルーズコントロール:3点(全車速ストップ&ゴー)
・エンジン音/ふけ上がり:-点 ※おそらく3点
・悪路走破性:3点(フルタイム4WD)
・見晴らしの良さの点でジャガーE-PACEにかなわないものの、その他はどの項目でもトップクラス。


★VW ティグアン(FF)



★総合得点:28-31点 ※予想30点


・最低地上高:2点(180mm)
・ドアシル高:2点(430mm)
・シート高:2点(670mm)
・全高:2点(1675mm)
・パワーシート:3点(8way以上&ランバーサポート&メモリー) ※ハイラインのみオプションで設定可能で運転席のみ。
・トランスミッション:3点 ※6速DCT
・パドルシフト/MTモード形式:3点 ※パドルシフトの設定はハイライン、Rラインに標準装備となり質感は高い。
・トランク容量:3点(615-1655L)
・トランクスルー形式:3点(4-2-4分割)
・自動ブレーキ:2点(歩行者OK) ※30キロ以下でのサポートとなるがユーロNCAP5つ星。
・アダプティブクルーズコントロール:3点(全車速ストップ&ゴー)
・エンジン音/ふけ上がり:-点 ※おそらく2点
・悪路走破性:0点
・まさに優等生。4WDグレードがあれば言うことなし?


★フィアット500X(チンクエチェントエックス) Pop Ster Plus(FF)



★総合得点:19点


・最低地上高:0点(165mm)
・ドアシル高:2点(430mm) ※粗い計測
・シート高:3点(730mm)
・全高:0点(1610mm)
・パワーシート:1点(8way以上) ※運転席/助手席ともに装備で1点だがランバーサポートも備わる
・トランスミッション:3点 ※ダイレクト感を重視した乾式6速DCTはMTモードで自動シフトアップしてしまうがショックは皆無でこれならシフトアップは任せてもよいなと思えるレベルの仕上がり。クリープ制御もあってスムースに扱える。シフトアップ、ダウンも思い通りに反応する。
・パドルシフト/MTモード形式:3点 ※パドルシフトの質感は高くはないが、握った感じはほどほどに重厚感がある。ATセレクターでのMTモードも引いてアップ押してダウンでGood。
・トランク容量:0点(350-1000L)
・トランクスルー形式:1点(6-4分割) ※7-3分割という情報も
・自動ブレーキ:2点(歩行者検知無し)
・アダプティブクルーズコントロール:1点(低速で自動解除) ※2012年式のGJアテンザXDとほぼ同じ制御
・エンジン音/ふけ上がり:3点 ※フィアットがほこる直列4気筒 マルチエア 16バルブ インタークーラー付ターボエンジンはその他ライバルSUVを置き去りにするレベル。パワー、レスポンス、高揚感ともにGood。
・悪路走破性:0点(FF)




・総合得点は低いが全高や最低地上高の割に見晴らしがよく、安全装備なども最低限レベルで幅広く備えている。個性とコスパ重視のスポーツカー好きにはコレがベストカー。

★サマリー


ジャガー E-PACE 250PS(4WD):33点
・BMW X1 xDrive 20i(4WD):28-31点(31点)
・VW ティグアン(FF):28-31点(30点)
・ボルボ XC40(4WD):26-32点(29点)
・MINI クロスオーバー クーパーSD ALL4(4WD):24点
・プジョー 3008 GT LINE(FF):23点
・JEEP COMPASS LIMITED(4WD):23点
・JEEP RENEGADE TRAILHAWK(4WD):20点
・フィアット500X(FF):19点
・ルノー KADJAR(FF):14-20点(16点)
みんカラはこちら   YouTubeチャンネル

★カテゴリー




★人気ページ 一覧★


スポーツカー100台乗り比べ(試乗/レンタカー/カーシェア/代車)
MT操作で最も難しいのは「高回転で1速から2速のシフトアップ」
【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?
【試乗】ついにたどり着いた「ロータス・エリーゼ」
【検証】brembo(ブレンボ)ブレーキディスク交換の効果は?|BMW M240iクーペ(MT)
納車から2年!BMW M240iクーペ(MT)の平成最後の「駆けぬける歓び」
ルノー・メガーヌR.S. VS メガーヌGT!両車があのFRドイツ車になり代わる!?
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(4コントロール/4HCC編)
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(DASS編)
【必見】絶対に失敗しないルノー車の購入方法
車が「モビルスーツ」になる!その条件とは!?
憧れナンバーワン!トヨタ・スープラSZに試乗(A80/NA/中後期)
ルノー・スポールの間口を広げた偉大なるルーテシアR.S.
BMW M3セダン(F80)は1000万オーバーの価値がある車だった
【納車】ついに手に入れたルノースポール(ライコネン優勝おめでとう)
【2018年】新型ルノー・メガーヌGT/MCルーテシアRSトロフィー★イッキ乗り
ルノーメガーヌRSの瞬発力と存在感はウサイン・ボルト級
アバルト124スパイダーの「刺激」に勝るのはあの「レーシングスピリット」だけ
【試乗】BMW X2!FFとアイシンAW製8ATの実力はいかに
私がBMWアダプティブMサスペンションをダウンサスでローダウンしない理由
クルマを当て逃げされたら保険を使う?自腹で修理する?
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」
SUV徹底比較(国産車編)
BMW 3シリーズ(F30)のシフトショック改善方法
NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」
初マイカーにNDロードスターをススめる理由
NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
SUV徹底比較(輸入車編)
絶景ドライブコース100選の制覇状況
「千里浜なぎさドライブウェイ/東尋坊/福井県立恐竜博物館」を駆けぬけるルート
BMWのヒエラルキーを装備で解説
GJアテンザ マフラー比較
加速度センサーで学ぶドライビングテクニック
ジャガー最小SUV E-PACEの選び方
BMWの分かりにくいDSCを解説
「伊勢志摩スカイライン/伊勢パールロード」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iで走った「伊吹山ドライブウェイ」はドライビングを楽しむ暇がないほどの・・
HONDA S660であえて選ぶCVT!
BMW M240iクーペ(MT) オートブリッピングのすべて
BMW 320i Mスポーツの5つのスゴイところ
ついに納車されたBMW M240iクーペ(MT)
プジョー208GTiの操作系が「ユルい」のは確信犯だった
納車から1年!BMW M240iクーペの「駆けぬける歓び」を振り返る
ヒール&トゥを「6つのポイント」で攻略 (BMW M240iクーペ)
BMWのMT操作を「7つのポイント」で攻略(M240iクーペ)
BMW 主力エンジン『B48B20A』は330e(PHEV)でも快音を響かせる
「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ
【緊急掲載】MAZDAのソウルレッドが良い理由
アバルト124スパイダーは本当にMAZDA製造なのか?
敷居が高い「ポルシェ/オープン/左ハンドル」も「ボクスター(PDK)」ならありかも
30分で行う「業者レベルの手洗い洗車」方法
BMW M240iクーペ慣らし運転方法(yoyolegalega的BMW慣らし運転方法)
BMW M240iクーペ エンジン音のすべて
クルマ界のイチローはSUBARUレヴォーグ!
GJアテンザ ツライチ 方法
BMW M240iクーペ(MT) エクステリア改善計画 ※M3/M4と比較
BMW M240iスモークテールをビフォーアフターで比較
BMW M240iクーペ 純正リアバンパー取り外し方法
BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け
加速度センサー(レーダー探知機)の取付け方法(BMW M240iクーペ)
GJアテンザ タイヤ比較
スバルWRX STI(6MT)は国産車を代表するピュアスポーツカー
ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)
スポーツカー試乗レポート(トヨタ86/マツダRX-7/ルノー メガーヌRS/日産35GTR/ホンダ S2000/BMW M3/スバルWRX/ポルシェボクスター/VWシロッコ)
VWニュービートル(GH-9CAZJ)は30万で個性的なルックスとザ・ドイツ車を楽しめるクルマ!
GJアテンザ トランクスポイラー装着
GJアテンザ フォグ メッキ塗装
GJアテンザ M'z CUSTOM(エムズカスタム) サイドスカート装着
BMW320i(F30)で走った「西伊豆スカイライン」はショートホイールベース必須のテクニカルコースだった
「箱根ターンパイク/椿ライン/芦ノ湖スカイライン/箱根スカイライン/長尾峠/七曲り」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iクーペの「スポーツ」「スポーツ・プラス」の違い
BMW M240iクーペの「パッケージング」はALPINA B3 Sリムジンから隔世遺伝していた
「低排出ガス車ステッカー」と「定期点検ステッカー」は貼る義務はない(らしい)
RX-8 タイプRSは2020年東京オリンピックまでに乗ってほしいクルマ
BMW M4クーペはFRの楽しみを奪うほどの「オンザレール感」
M4クーペ(F82)はBMWスポーティ部門の頂点に立つ車
RX-8 タイプRSが最高な理由
RX-8の「プラグかぶり対策」と「低速でのギクシャク対策」
RX-8の3つのスゴイところ
RX-8の選び方
BMW135iクーペはMTで最も楽しめるBMWのひとつ
BMW3シリーズ(F30/F31)に復活した直6は250万の価値があるのか
ドアの長さまで比較!大人4人が乗れるMTスポーツカー!
GJアテンザ ロングパドルシフト装着
手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)
マニュアル車の選び方
AT車 MT車 楽しさ 比較