SUV徹底比較(国産車編)

2018/09/18


今世界中で大ブームとなっているSUV。最近ついにアルファロメオからも「ステルヴィオ」が発売開始となったが、今回はそんなSUVの中でも特に熱い「ミドルサイズSUV(国産車)」の比較を「見晴らしの良さ/使い勝手/安全装備/動力性能」の観点で採点してそのランキングレビューしたい。なお、エクステリアや内装は好みによるため採点の対象外とさせていただいた。

★対象車種(-台)


・SUBARU XV2.0i-S
・SUZUKI エスクード 1.4ターボ
・ミドルサイズSUVの目安として全幅1900mm以内、全長4500mm以内、最低地上高180mm以上。


★評価指標


・最低地上高:200mm/3点、180mm/2点、170mm/1点。
・ドアシル高:460mm/3点、430mm/2点、400mm/1点。
・全高:1680mm/3点、1650mm/2点、1620mm/1点。
・パワーシート:8way以上&ランバーサポート&メモリー/3点、8way以上&メモリー/2点、8way以上/1点。
・トランスミッション
・パドルシフト/MTモード形式
・トランク容量:550L/3点、500L/2点、450L/1点。
・トランクスルー形式:4-2-4分割/3点、6-4分割&中央に貫通穴/2点、6-4分割/1点。
・自動ブレーキ:車両60km以下歩行者60km以下/3点、 歩行者検知無し/2点、ブレーキのみで補助のみ/1点
・アダプティブクルーズコントロール:全車速ストップ&ゴー/3点、全車速ブレーキまで/2点、低速で自動解除/1点。
・エンジン音/ふけ上がり
・悪路走破性:フルタイム4WD/3点、スタンバイ4WD/2点、悪路走破モード付FF/1点。


★SUBARU XV 2.0i-S EyeSight(4WD) ※2018/9時点



★総合得点:21点


・最低地上高:3点(200mm)
・ドアシル高:1点(410mm) ※雑な計測
・全高:0点(1595mm) ※ルーフレール装着者
・パワーシート:1点(8way)
・トランスミッション:1点 ※CVTとしては異次元のダイレクト感とMT感(MTモード時)を味わえるが、シフトダウンしてからの加速の際に「グニュ!」っと「CVT感」が顔を出してしまう。だが、3速減速からのシフトダウンには「ブオン!」とはいかないが「ブオーン!」としっかりと反応してくれる。保守的な味付けのトルコンATではシフトダウンしてくれないためCVTで1点というのはある意味最大級の評価。
・パドルシフト/MTモード形式:3点 ※パドルシフトを標準装備、質感もGood。
・トランク容量:0点(385L)

・トランクスルー形式:1点(6-4分割)
・自動ブレーキ:3点
・アダプティブクルーズコントロール:3点(全車速ストップ&ゴー) 
・エンジン音/ふけ上がり:2点 ※エンジン音は充分にスポーティ。CVTチェーン特有のノイズは全く気にならない。
・悪路走破性:3点(フルタイム4WD) ※フォレスターにも搭載されているX-MODE付き

・写真はルーフレールレス車であるがこのクルマにはルーフレールがよく似合う

バックビューは先代XVよりもワイド&ローな印象に

非レザー(トリコット)に運転席&助手席パワーシートの設定は他に類を見ない

ステアリングはガッシリとしていて、欧州車に近いフィーリング。
・アドバンスドセーフティパッケージの左ミラーのカメラ映像をマルチファンクションモニターに映せるのはGood。
・このクラスの国産SUVでこのクルマよりもカッコイイクルマは当分出てこないだろうというデザイン。
・1.6と2.0ともに「静粛性」「乗り心地」ともにクラストップレベルで、安全装備もてんこ盛りで総額350万以下は格安といえる。最低5年は満足して乗れるだろう。


★SUZUKI 1.4ターボ(4WD) ※2018/8時点



★総合得点:18点


・最低地上高:2点(185mm)
・ドアシル高:2点(450mm) ※雑な計測
・全高:1点(1610mm)
・パワーシート:0点 ※オプション設定なし
・トランスミッション:1点 ※MTモードでも5500回転で自動シフトアップしてしまう。シフトダウンは反応が良いが、基本的に充分に車速を落さないとアラート音で怒られる。全体的にはバランスの取れた6AT。
・パドルシフト/MTモード形式:3点 ※パドルシフトを標準装備、質感もそこそこ。
・トランク容量:0点(375L)
・トランクスルー形式:1点(6-4分割)
・自動ブレーキ:2点(歩行者検知無し)
・アダプティブクルーズコントロール:1点(低速で自動解除) ※ACCの上限が100キロまで
・エンジン音/ふけ上がり:2点 ※エンジン音は迫力は薄いが充分にスポーティ
・悪路走破性:3点(フルタイム4WD) ※積極的に四駆モードとなるスポーツモードで荒れた路面を駆け抜けると楽しい

・見晴らしは全高のワリにはGood。



・ハンドルの手応えがしっかりあってGood。重すぎず軽すぎずでインフォメーションが多く楽しい。
・年に数回ちょっとしたアウトドアに出かける程度なら、充分なパッケージングと装備を備え、4WDで最小回転半径が5.2mという取り回しの良さとこのSUVテイストたっぷりのルックスで本体価格約260万円というのは破格。
・兄弟車のSX4 S-CROSSは現時点でACCやターボの設定がなく、サイドエアバッグ/カーテンエアバッグもつかないためやや見劣りする。輸入車のライバルSUVでは6個以上のエアバッグは常識となっているためSX-4 S-CROSSは対象外とさせていただく。

★サマリー


・SUBARU XV 2.0i-S(4WD):21点
・SUZUKI 1.4ターボ(4WD):18点
みんカラはこちら   YouTubeチャンネル

★カテゴリー




★人気ページ 一覧★


スポーツカー100台乗り比べ(試乗/レンタカー/カーシェア/代車)
RX-8の選び方
MT操作で最も難しいのは「高回転で1速から2速のシフトアップ」
BMWの分かりにくいDSCを解説
【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?
【試乗】ついにたどり着いた「ロータス・エリーゼ」
【検証】brembo(ブレンボ)ブレーキディスク交換の効果は?|BMW M240iクーペ(MT)
納車から2年!BMW M240iクーペ(MT)の平成最後の「駆けぬける歓び」
ルノー・メガーヌR.S. VS メガーヌGT!両車があのFRドイツ車になり代わる!?
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(4コントロール/4HCC編)
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(DASS編)
【必見】絶対に失敗しないルノー車の購入方法
車が「モビルスーツ」になる!その条件とは!?
憧れナンバーワン!トヨタ・スープラSZに試乗(A80/NA/中後期)
ルノー・スポールの間口を広げた偉大なるルーテシアR.S.
BMW M3セダン(F80)は1000万オーバーの価値がある車だった
【納車】ついに手に入れたルノースポール(ライコネン優勝おめでとう)
【2018年】新型ルノー・メガーヌGT/MCルーテシアRSトロフィー★イッキ乗り
ルノーメガーヌRSの瞬発力と存在感はウサイン・ボルト級
アバルト124スパイダーの「刺激」に勝るのはあの「レーシングスピリット」だけ
【試乗】BMW X2!FFとアイシンAW製8ATの実力はいかに
私がBMWアダプティブMサスペンションをダウンサスでローダウンしない理由
クルマを当て逃げされたら保険を使う?自腹で修理する?
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」
SUV徹底比較(国産車編)
BMW 3シリーズ(F30)のシフトショック改善方法
NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」
初マイカーにNDロードスターをススめる理由
NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
SUV徹底比較(輸入車編)
絶景ドライブコース100選の制覇状況
「千里浜なぎさドライブウェイ/東尋坊/福井県立恐竜博物館」を駆けぬけるルート
BMWのヒエラルキーを装備で解説
GJアテンザ マフラー比較
加速度センサーで学ぶドライビングテクニック
ジャガー最小SUV E-PACEの選び方
「伊勢志摩スカイライン/伊勢パールロード」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iで走った「伊吹山ドライブウェイ」はドライビングを楽しむ暇がないほどの・・
HONDA S660であえて選ぶCVT!
BMW M240iクーペ(MT) オートブリッピングのすべて
BMW 320i Mスポーツの5つのスゴイところ
ついに納車されたBMW M240iクーペ(MT)
プジョー208GTiの操作系が「ユルい」のは確信犯だった
納車から1年!BMW M240iクーペの「駆けぬける歓び」を振り返る
ヒール&トゥを「6つのポイント」で攻略 (BMW M240iクーペ)
BMWのMT操作を「7つのポイント」で攻略(M240iクーペ)
BMW 主力エンジン『B48B20A』は330e(PHEV)でも快音を響かせる
「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ
【緊急掲載】MAZDAのソウルレッドが良い理由
アバルト124スパイダーは本当にMAZDA製造なのか?
敷居が高い「ポルシェ/オープン/左ハンドル」も「ボクスター(PDK)」ならありかも
30分で行う「業者レベルの手洗い洗車」方法
BMW M240iクーペ慣らし運転方法(yoyolegalega的BMW慣らし運転方法)
BMW M240iクーペ エンジン音のすべて
クルマ界のイチローはSUBARUレヴォーグ!
GJアテンザ ツライチ 方法
BMW M240iクーペ(MT) エクステリア改善計画 ※M3/M4と比較
BMW M240iスモークテールをビフォーアフターで比較
BMW M240iクーペ 純正リアバンパー取り外し方法
BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け
加速度センサー(レーダー探知機)の取付け方法(BMW M240iクーペ)
GJアテンザ タイヤ比較
スバルWRX STI(6MT)は国産車を代表するピュアスポーツカー
ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)
スポーツカー試乗レポート(トヨタ86/マツダRX-7/ルノー メガーヌRS/日産35GTR/ホンダ S2000/BMW M3/スバルWRX/ポルシェボクスター/VWシロッコ)
VWニュービートル(GH-9CAZJ)は30万で個性的なルックスとザ・ドイツ車を楽しめるクルマ!
GJアテンザ トランクスポイラー装着
GJアテンザ フォグ メッキ塗装
GJアテンザ M'z CUSTOM(エムズカスタム) サイドスカート装着
BMW320i(F30)で走った「西伊豆スカイライン」はショートホイールベース必須のテクニカルコースだった
「箱根ターンパイク/椿ライン/芦ノ湖スカイライン/箱根スカイライン/長尾峠/七曲り」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iクーペの「スポーツ」「スポーツ・プラス」の違い
BMW M240iクーペの「パッケージング」はALPINA B3 Sリムジンから隔世遺伝していた
「低排出ガス車ステッカー」と「定期点検ステッカー」は貼る義務はない(らしい)
RX-8 タイプRSは2020年東京オリンピックまでに乗ってほしいクルマ
BMW M4クーペはFRの楽しみを奪うほどの「オンザレール感」
M4クーペ(F82)はBMWスポーティ部門の頂点に立つ車
RX-8 タイプRSが最高な理由
RX-8の「プラグかぶり対策」と「低速でのギクシャク対策」
RX-8の3つのスゴイところ
BMW135iクーペはMTで最も楽しめるBMWのひとつ
BMW3シリーズ(F30/F31)に復活した直6は250万の価値があるのか
ドアの長さまで比較!大人4人が乗れるMTスポーツカー!
GJアテンザ ロングパドルシフト装着
手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)
マニュアル車の選び方
AT車 MT車 楽しさ 比較