【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?

2019/07/13


2016年8月に生産終了したBMW Z4が約3年ぶりに復活した。筆者は2016年3月に320i Mスポーツを購入したのだが(※現在はM240i)、その直後に先代Z4の最後に生産された「sドライブ35is」がラインオフされたニュースを非常に寂しい気持ちで見ただけに、今回の復活は嬉しいかぎり。 また、搭載される「B58B30Cエンジン」は所有するM240iと同系エンジンとくれば気になって仕方がない。 今回はそんな新型Z4の直6モデルであるM40iの試乗レビューを送る。

【動画】【試乗】BMW 新型Z4 M40i 直6エンジン音|シフト特性|アダプティブMサスペンション



★エクステリア/インテリア



フロントビュー。強烈な違和感はヘッドライトが「丸目4灯」ではなく「縦型」になったこと。


グリルも「メッシュ型」となっており新型3シリーズや新型8シリーズの「シャッター型?」とは大きく異なる


ロングノーズフォルムが強調されるデザイン


サイドビュー(クローズ)


サイドビュー(オープン)


リアビューはどっしりと近未来感もある


リアビュー(オープン)


ホイールは19インチ


インテリアはラグジュアリー感たっぷり


操作系は従来どおり


ステアリングは非常に太い


★エンジン音


・ダイナミックパフォーマンスコントロール(以下DPC)をノーマルモード(コンフォート)でも直6ならではのシルキーかつ快音を奏でる。
・スポーツモードにするとシフトアップで「ボン!」っというアフターファイアの演出?がはいる。
・スポーツモード/スポーツプラスモードで高速走行中のシフトダウンやアクセルオフでは「バババババ!!」とアフターファイア音が鳴り響く。
・Z4 M40iと同じ「Mパフォーマンスオートモービルズ」であるM240iよりも明らかに音量と演出の面で上。
・M2/3/4などのMモデルのエンジン音が電子音的になっているため、現行BMW直6モデルで最もお気に入りのエンジン音。


★シフト特性


・搭載されるZF製8速ATは他のBMWエンジン縦置きのMスポーツグレード以上のものと「基本的な特性」は同じ。
・スポーツモード以上、且つATセレクターを左に倒した状態の「シフトSモード」での強いブレーキングでは3500-4000回転をキープするようにシフトダウンされ、この特性はMモデルを上回るほどスポーティでGood。パドルシフトを使わずとも思いどおりのスポーツ走行ができる。
・上記モードで3速から強いアクセルでのシフトダウンはショックが目立つ。このあたりは最近試乗したアウディA5/S5スポーツバックの7速DCT/8速AT、ポルシェPDKのほうがスムースで1枚上手。
・MTモードでのシフトチェンジのレスポンスやダイレクト感は文句のつけようがないレベル。


★アダプティブMサスペンション


・試乗したM40iには電子制御サスペンションである「アダプティブMサスペンション」が装備されている。
・同サスペンションはMモデルでは3段階に設定でき、ステア特性やエンジン特性とともに個別に設定ができる。一方でM240iなどではDPCと連動してその特性が2段階の設定となりZ4 M40iも同じ。
・2段階とは「ノーマルモード以下」と「スポーツモード以上」であるが、前者で高速走行をするとフワフワと収まりが悪い。後者のスポーツモード以上にすれば、高速走行ではビシッと安定感のある走りが可能でその乗り心地も良い。
・この特性はMモデルで同サスペンションを装備した際の3段階のうちの下2段階という感じ

・スポーツモード以上での特性ではサーキット向けとは言い難い
・↑上記あたりの特性がスープラとどのように違うのかが気になるところ。


★ソフトトップ



・新型Z4の開閉時間は約10秒
・先代まではクローズ時にトランク容量が激減していたが新型はオープン/クローズともに281Lというルノー・ルーテシア並みの容量を確保。
・開閉は時速50キロ以下で可能。信号待ちなどで自由に開閉できるため、オープンにするハードルは皆無といえる。
・これはBMW随一ともいえるハンドリング車でオープン状態で直6エンジンを楽しみながらゴルフに行けるというコト。
・NDロードスターだとクローズ状態なのに「あれ?屋根開いてる?」というコトがあるが、新型Z4のソフトトップの静粛性は「ソフトトップであること」を感じないほどに高い。
・他のハードトップのBMWのクルマと比べると綺麗な路面を走行している際の「風切り音」が目立ってしまう。


★ブレーキフィール



・M40iには「Mスポーツ・ブレーキ」という高性能キャリパーが装備されており、その制動力も凄いが、停止に至るまでのフィーリングはBMW随一。
・そのフィーリングはほぼ同じ車重のM240iと比較しても明らかに上。


★ハンドリング


・新型スープラの解説でよく見るのが「ホイールベース/トレッド比」であるが、スープラとZ4は1.55という数値でこれはBMWの中では最も優秀。

・他の名だたるハンドリングマシンと比べても遜色はない。

・しかし最近乗ったロータス・エリーゼやアルピーヌA110、NDロードスター、ポルシェ911(997)と比較すると「一体感」の面で分が悪いと感じた。その理由はホイールベースの長さにある。その解説は コチラ


みんカラはこちら   YouTubeチャンネル

★カテゴリー




★人気ページ 一覧★


スポーツカー100台乗り比べ(試乗/レンタカー/カーシェア/代車)
MT操作で最も難しいのは「高回転で1速から2速のシフトアップ」
【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?
【試乗】ついにたどり着いた「ロータス・エリーゼ」
【検証】brembo(ブレンボ)ブレーキディスク交換の効果は?|BMW M240iクーペ(MT)
納車から2年!BMW M240iクーペ(MT)の平成最後の「駆けぬける歓び」
ルノー・メガーヌR.S. VS メガーヌGT!両車があのFRドイツ車になり代わる!?
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(4コントロール/4HCC編)
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(DASS編)
【必見】絶対に失敗しないルノー車の購入方法
車が「モビルスーツ」になる!その条件とは!?
憧れナンバーワン!トヨタ・スープラSZに試乗(A80/NA/中後期)
ルノー・スポールの間口を広げた偉大なるルーテシアR.S.
BMW M3セダン(F80)は1000万オーバーの価値がある車だった
【納車】ついに手に入れたルノースポール(ライコネン優勝おめでとう)
【2018年】新型ルノー・メガーヌGT/MCルーテシアRSトロフィー★イッキ乗り
ルノーメガーヌRSの瞬発力と存在感はウサイン・ボルト級
アバルト124スパイダーの「刺激」に勝るのはあの「レーシングスピリット」だけ
【試乗】BMW X2!FFとアイシンAW製8ATの実力はいかに
私がBMWアダプティブMサスペンションをダウンサスでローダウンしない理由
クルマを当て逃げされたら保険を使う?自腹で修理する?
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」
SUV徹底比較(国産車編)
BMW 3シリーズ(F30)のシフトショック改善方法
NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」
初マイカーにNDロードスターをススめる理由
NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
SUV徹底比較(輸入車編)
絶景ドライブコース100選の制覇状況
「千里浜なぎさドライブウェイ/東尋坊/福井県立恐竜博物館」を駆けぬけるルート
BMWのヒエラルキーを装備で解説
GJアテンザ マフラー比較
加速度センサーで学ぶドライビングテクニック
ジャガー最小SUV E-PACEの選び方
BMWの分かりにくいDSCを解説
「伊勢志摩スカイライン/伊勢パールロード」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iで走った「伊吹山ドライブウェイ」はドライビングを楽しむ暇がないほどの・・
HONDA S660であえて選ぶCVT!
BMW M240iクーペ(MT) オートブリッピングのすべて
BMW 320i Mスポーツの5つのスゴイところ
ついに納車されたBMW M240iクーペ(MT)
プジョー208GTiの操作系が「ユルい」のは確信犯だった
納車から1年!BMW M240iクーペの「駆けぬける歓び」を振り返る
ヒール&トゥを「6つのポイント」で攻略 (BMW M240iクーペ)
BMWのMT操作を「7つのポイント」で攻略(M240iクーペ)
BMW 主力エンジン『B48B20A』は330e(PHEV)でも快音を響かせる
「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ
【緊急掲載】MAZDAのソウルレッドが良い理由
アバルト124スパイダーは本当にMAZDA製造なのか?
敷居が高い「ポルシェ/オープン/左ハンドル」も「ボクスター(PDK)」ならありかも
30分で行う「業者レベルの手洗い洗車」方法
BMW M240iクーペ慣らし運転方法(yoyolegalega的BMW慣らし運転方法)
BMW M240iクーペ エンジン音のすべて
クルマ界のイチローはSUBARUレヴォーグ!
GJアテンザ ツライチ 方法
BMW M240iクーペ(MT) エクステリア改善計画 ※M3/M4と比較
BMW M240iスモークテールをビフォーアフターで比較
BMW M240iクーペ 純正リアバンパー取り外し方法
BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け
加速度センサー(レーダー探知機)の取付け方法(BMW M240iクーペ)
GJアテンザ タイヤ比較
スバルWRX STI(6MT)は国産車を代表するピュアスポーツカー
ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)
スポーツカー試乗レポート(トヨタ86/マツダRX-7/ルノー メガーヌRS/日産35GTR/ホンダ S2000/BMW M3/スバルWRX/ポルシェボクスター/VWシロッコ)
VWニュービートル(GH-9CAZJ)は30万で個性的なルックスとザ・ドイツ車を楽しめるクルマ!
GJアテンザ トランクスポイラー装着
GJアテンザ フォグ メッキ塗装
GJアテンザ M'z CUSTOM(エムズカスタム) サイドスカート装着
BMW320i(F30)で走った「西伊豆スカイライン」はショートホイールベース必須のテクニカルコースだった
「箱根ターンパイク/椿ライン/芦ノ湖スカイライン/箱根スカイライン/長尾峠/七曲り」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iクーペの「スポーツ」「スポーツ・プラス」の違い
BMW M240iクーペの「パッケージング」はALPINA B3 Sリムジンから隔世遺伝していた
「低排出ガス車ステッカー」と「定期点検ステッカー」は貼る義務はない(らしい)
RX-8 タイプRSは2020年東京オリンピックまでに乗ってほしいクルマ
BMW M4クーペはFRの楽しみを奪うほどの「オンザレール感」
M4クーペ(F82)はBMWスポーティ部門の頂点に立つ車
RX-8 タイプRSが最高な理由
RX-8の「プラグかぶり対策」と「低速でのギクシャク対策」
RX-8の3つのスゴイところ
RX-8の選び方
BMW135iクーペはMTで最も楽しめるBMWのひとつ
BMW3シリーズ(F30/F31)に復活した直6は250万の価値があるのか
ドアの長さまで比較!大人4人が乗れるMTスポーツカー!
GJアテンザ ロングパドルシフト装着
手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)
マニュアル車の選び方
AT車 MT車 楽しさ 比較