日産フェアレディZ(Z34)は男の熱い血をたぎらせる車 試乗インプレッション(Z33後期も)

2017/11/11


ZといえばRX-7やスープラ、GT-R、S2000などに並ぶピュアスポーツカーで男なら一度は所有してみたい車です。
試乗した感想を一言で言うと、男の熱い血をたぎらせる車。
どでかい横幅にずっしりとしたステアリングとシフト、そしてその鋭いアクセルレスポンスはお世辞にも扱いやすいとは呼べない代物。
しかしその近未来的なエクステリアとシンプルだが永久に色あせないであろうコックピットを目の前にすると無茶してでも乗りこなしたくなる。
フェラーリはさすがに……と86やロードスターを購入するのとZを買うのとは訳が違う。2シーターで総額500万を超える国産車はこのZだけ。

そんなZ34をセカンドカーとして買うべき価値があるのか試乗してみました。

★試乗インプレッション

・エクステリアと内装は言うことなし
・乗り降りも無理がなく室内も広い
・2シーターであるがハッチバッククーペのため後部座席があるかのように荷物を放りこめる。 ちょうどインテR(DC5)の後部座席を常にトランクスルー状態にしたような感じ。 NDロードスターやコペンのように振り向けば絶壁しかないオープン2シーターとは比べようがない。
・全高や室内高はほとんどRX-7とRX-8の中間
 ●Z34
  室内長×室内幅×室内高:990×1495×1090mm
  全長×全幅×全高:4260×1845×1315mm
 ●RX-7
  1415×1425×1025mm(-65mm)
  4285×1760×1230mm(-85mm)
 ●RX-8
  1735×1455×1120mm(+30mm)
  4435×1770×1340mm(+35mm)
 ●Z33
  1000×1480×1100mm(+10mm)
  4315×1815×1315mm(+0mm)
・シフトの位置、ストロークは良いが重みがあり吸い込まれる感じが少ない。慣れれば「ズバッ ズバッ」と入る。
・クラッチは重すぎず軽すぎずストロークが短くてつながる位置も低くて最高。ショックも皆無でエンストする気配がなかった。
・ハンドルはずっしりと重めでRX−8やWRX STIと同じくらいでちょうど良い。
・アルカンターラ巻きの手触りは最高
・どのギアからもスーッと車体が前に出て、乗り心地が良く気になる振動や異音がない。
・ロードノイズはBMWやアウディに比べればうるさいがソフトトップのNDロードスターや遮音材を削り取ったタイプRと比べると静かで大人のスポーツカーとして許容範囲。
・3速と2速のギア比が離れていてしかもオルガンペダルのためブリッピングやヒールトゥはしにくい部類に入る。 ただしアクセルレスポンスは良いので慣れればスムーズに扱えるだろう。
・ギア比は最もマイナスイメージが強かったrx-8とほぼ同じで1―2速が1.5、2―3速が0.7離れている。それでもRX-8のほうが若干だがさらに離れていてロータリー特性により回転落ちが早いので、Z34のほうが断然扱いやすい。
・先代のZ33とギア比が全く同じなので吊り下げ式ペダルのZ33は要注目
・ブレーキは重厚感があり踏んだら踏んだだけ効く。決してカックンブレーキではない。GJアテンザのブレーキのフィーリングに近い。
・エンジン音と排気音は「グォー!!」と迫力がある。試乗したZはNISMO特別仕様のためノーマルを購入するならオプションの藤壷マフラーは必須。
・シフト操作は自分で行いブリッピングのみ自動で回転を合わせてくれる「シンクロレブコントロール付6速MT」は1分で飽きる代物だが、簡単に無効にできるので安心してほしい。

★総評

誰もが知ってるピュアスポーツカーでありながら、2シーターとしては異常なほどに快適性があり、乗りこなせば高いレベルでスムーズに扱える大人のスポーツカーでした。
この車を通勤用として使えたら最高の贅沢だと思います。

★Z33後期インプレッション

・アクセルのストロークが短いせいかコントロールが難しく回転が一気にあがる。また、3000回転以上回すと、回転が1秒くらいキープされてしまいMTだと非常に扱いにくい。友人のキューさんのスカイラインクーペと同様だった。ディーラーさんいわく、この頃の同じ系統の日産車の特性とのこと。
・同じくアクセルコントロールがシビヤであるため低速だとギクシャクしやすい
・雨の日だったこともあるが、ペダルが信じられないくらいに滑りやすい。
・クラッチのストロークやつながる位置や戻りなどは良い。
・シフトフィーリングは最高でZ34よりも良い
・ハンドルはかなり手応えがあり血がたぎった。Z34、RX-8と同等クラス。
・エンジン音と純正マフラー音は最高
・乗り心地、静粛性もスポーツカーの中では最高クラス。
・総評は扱いにくすぎるエンジンとアクセルの特性のため、その他の良い点が台無しとなっている。

★その他の特徴を写真付きで紹介








みんカラはこちら   YouTubeチャンネル

★カテゴリー




★人気ページ 一覧★


スポーツカー100台乗り比べ(試乗/レンタカー/カーシェア/代車)
RX-8の選び方
MT操作で最も難しいのは「高回転で1速から2速のシフトアップ」
BMWの分かりにくいDSCを解説
【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?
【試乗】ついにたどり着いた「ロータス・エリーゼ」
【検証】brembo(ブレンボ)ブレーキディスク交換の効果は?|BMW M240iクーペ(MT)
納車から2年!BMW M240iクーペ(MT)の平成最後の「駆けぬける歓び」
ルノー・メガーヌR.S. VS メガーヌGT!両車があのFRドイツ車になり代わる!?
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(4コントロール/4HCC編)
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(DASS編)
【必見】絶対に失敗しないルノー車の購入方法
車が「モビルスーツ」になる!その条件とは!?
憧れナンバーワン!トヨタ・スープラSZに試乗(A80/NA/中後期)
ルノー・スポールの間口を広げた偉大なるルーテシアR.S.
BMW M3セダン(F80)は1000万オーバーの価値がある車だった
【納車】ついに手に入れたルノースポール(ライコネン優勝おめでとう)
【2018年】新型ルノー・メガーヌGT/MCルーテシアRSトロフィー★イッキ乗り
ルノーメガーヌRSの瞬発力と存在感はウサイン・ボルト級
アバルト124スパイダーの「刺激」に勝るのはあの「レーシングスピリット」だけ
【試乗】BMW X2!FFとアイシンAW製8ATの実力はいかに
私がBMWアダプティブMサスペンションをダウンサスでローダウンしない理由
クルマを当て逃げされたら保険を使う?自腹で修理する?
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」
SUV徹底比較(国産車編)
BMW 3シリーズ(F30)のシフトショック改善方法
NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」
初マイカーにNDロードスターをススめる理由
NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
SUV徹底比較(輸入車編)
絶景ドライブコース100選の制覇状況
「千里浜なぎさドライブウェイ/東尋坊/福井県立恐竜博物館」を駆けぬけるルート
BMWのヒエラルキーを装備で解説
GJアテンザ マフラー比較
加速度センサーで学ぶドライビングテクニック
ジャガー最小SUV E-PACEの選び方
「伊勢志摩スカイライン/伊勢パールロード」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iで走った「伊吹山ドライブウェイ」はドライビングを楽しむ暇がないほどの・・
HONDA S660であえて選ぶCVT!
BMW M240iクーペ(MT) オートブリッピングのすべて
BMW 320i Mスポーツの5つのスゴイところ
ついに納車されたBMW M240iクーペ(MT)
プジョー208GTiの操作系が「ユルい」のは確信犯だった
納車から1年!BMW M240iクーペの「駆けぬける歓び」を振り返る
ヒール&トゥを「6つのポイント」で攻略 (BMW M240iクーペ)
BMWのMT操作を「7つのポイント」で攻略(M240iクーペ)
BMW 主力エンジン『B48B20A』は330e(PHEV)でも快音を響かせる
「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ
【緊急掲載】MAZDAのソウルレッドが良い理由
アバルト124スパイダーは本当にMAZDA製造なのか?
敷居が高い「ポルシェ/オープン/左ハンドル」も「ボクスター(PDK)」ならありかも
30分で行う「業者レベルの手洗い洗車」方法
BMW M240iクーペ慣らし運転方法(yoyolegalega的BMW慣らし運転方法)
BMW M240iクーペ エンジン音のすべて
クルマ界のイチローはSUBARUレヴォーグ!
GJアテンザ ツライチ 方法
BMW M240iクーペ(MT) エクステリア改善計画 ※M3/M4と比較
BMW M240iスモークテールをビフォーアフターで比較
BMW M240iクーペ 純正リアバンパー取り外し方法
BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け
加速度センサー(レーダー探知機)の取付け方法(BMW M240iクーペ)
GJアテンザ タイヤ比較
スバルWRX STI(6MT)は国産車を代表するピュアスポーツカー
ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)
スポーツカー試乗レポート(トヨタ86/マツダRX-7/ルノー メガーヌRS/日産35GTR/ホンダ S2000/BMW M3/スバルWRX/ポルシェボクスター/VWシロッコ)
VWニュービートル(GH-9CAZJ)は30万で個性的なルックスとザ・ドイツ車を楽しめるクルマ!
GJアテンザ トランクスポイラー装着
GJアテンザ フォグ メッキ塗装
GJアテンザ M'z CUSTOM(エムズカスタム) サイドスカート装着
BMW320i(F30)で走った「西伊豆スカイライン」はショートホイールベース必須のテクニカルコースだった
「箱根ターンパイク/椿ライン/芦ノ湖スカイライン/箱根スカイライン/長尾峠/七曲り」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iクーペの「スポーツ」「スポーツ・プラス」の違い
BMW M240iクーペの「パッケージング」はALPINA B3 Sリムジンから隔世遺伝していた
「低排出ガス車ステッカー」と「定期点検ステッカー」は貼る義務はない(らしい)
RX-8 タイプRSは2020年東京オリンピックまでに乗ってほしいクルマ
BMW M4クーペはFRの楽しみを奪うほどの「オンザレール感」
M4クーペ(F82)はBMWスポーティ部門の頂点に立つ車
RX-8 タイプRSが最高な理由
RX-8の「プラグかぶり対策」と「低速でのギクシャク対策」
RX-8の3つのスゴイところ
BMW135iクーペはMTで最も楽しめるBMWのひとつ
BMW3シリーズ(F30/F31)に復活した直6は250万の価値があるのか
ドアの長さまで比較!大人4人が乗れるMTスポーツカー!
GJアテンザ ロングパドルシフト装着
手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)
マニュアル車の選び方
AT車 MT車 楽しさ 比較