手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)

2016/01/03


車が好きな方であれば「いつかは手に入れたいスポーツカー」があると思います。
しかし、様々なライフスタイルに合うようなスポーツカーは皆無です。皆さんもそんな理由で諦めてきたと思います。
ではセカンドカーならどうでしょう。もちろん可能性はグッとあがりますが、セカンドカーと言っても何度も買い替えるわけにはいかないですし、同乗者や近隣への配慮も必要です。
今回はそんな皆さんの夢を叶えてくれるであろうスポーツカー(MT)をランキング形式で解説します。なお、ここで登場してくる車は「素人目線」にて実際に乗った車であり、試乗メモピュアスポーツカー比較にも記載されております。
先述したとおり、セカンドカーと言っても諸々配慮が必要なので、下記の視点でのランキングになってます。

●スポーティ感
●ユーティリティ(使い勝手)
●見た目や憧れ感
●快適性能
●その他

上記5つの視点でそれぞれ5点をベースに良い点(+)、悪い点(-)を挙げます。
補足ですが、サーキットに行く方には参考にならないと思います。あくまでも「いい大人が購入し、趣味車として、この車だったら回りの人にも許されるだろう・・」という視点でのランキングです。

★第6位★【 S15シルビア(NA) 29点 】


●スポーティ感 7点
・(+2)シフト、クラッチ、アクセル、エンジンレンポンスのバランスが良くヒールトゥやブリッピングがインテR並みにやり易い。

●ユーティリティ(使い勝手) 5点

●見た目や憧れ感 7点
・(+2)エクステリアは流線形でカッコイイ

●快適性能 4点
・(-1)乗り心地は悪い

●その他 6点
・(-1)保険料と盗難率の高さ
・(+2)軽量コンパクト、FR、いざという時の4人乗り、扱いやすいMT、そして「大きな欠点が無い」いう意味では唯一無二の車である。

★第5位★ 【 フェアレディZ(34) 31点 】



●スポーティ感 7点
・(+2)ハンドルはずっしりと重めでRX−8やWRX STIと同じくらいでちょうど良い。
・(+1)クラッチは重すぎず軽すぎずストロークが短くてつながる位置も低くて最高。ショックも皆無でエンストする気配がなかった。
・(-1)オルガンペダンであるためヒールトゥがしにくい。同じオルガンペダルでもNDロードスターはヒールトゥがしやすいためマイナスポイント。

●ユーティリティ(使い勝手) 4点
・(+1)2シーターであるがハッチバッククーペのため後部座席があるかのように荷物を放りこめる。 ちょうどインテR(DC5)の後部座席を常にトランクスルー状態にしたような感じ。 NDロードスターやコペンのように振り向けば絶壁しかないオープン2シーターとは比べようがない。
・(-1)2人乗り
・(-1)全幅184.5cmはでか過ぎる

●見た目や憧れ感 9点
・(+2)エクステリアと内装は言うことなし
・(+2)ロードスターと同様に長らく愛され生産が続くピュアスポーツカーであり「憧れ感」としてはロードスターの遥か上をいく。

●快適性能 7点
・(+2)どのギアからもスーッと車体が前に出て、乗り心地が良く気になる振動や異音がない。

●その他 4点
・(-1)まだまだ高額でしかも2シーター

★第4位★ 【 ロードスターNC(NR-A) 32点 】



●スポーティ感 9点
・(+1)ハンドルの手応えがある。RX-8と同様でベストと言えるレベルだが、もう少し軽いほうが良い。
・(+2)シフトの重さがちょうど良い。NDは「コクコク」入る感じで軽かったが、NCではNDよりも若干重いくらいでちょうど良い。重すぎるRX-8や34Z、WRXよりは軽い。要はこちらもベストと言えるレベル。
・(+1)排気音が勇ましい。重低音が響きわたる。純正でここまで勇ましいのは珍しいであろう。近いのはスープラ(NA)で非常に好きな音質。

●ユーティリティ(使い勝手) 4点
・(-1)2人乗りで後部座席がないため「手持ちの荷物」があると乗り降りのたびに気を使う

●見た目や憧れ感 6点
・(+1)「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックの認定を受けており世界中にファンがいる。

●快適性能 5点
・(+1)低速でのギクシャク感は皆無で乗り心地も良い
・(-1)ソフトトップなので静粛性は低い

●その他 8点
・(+1)簡単にオープンにできて、すぐに戻せる。
・(+1)パワー、操作性、軽量、駆動方式のバランスがちょうど良く、他の車にはない楽しさがある。
・(+1)いい大人にこれほど似合うスポーツカーはない。86だと「ちょい悪オヤジ」なイメージなためロードスターの方が長く乗れる。

★第3位★ 【 80スープラ(NA) 33点 】



●スポーティ感 9点
・(+2)エンジン音はまるでバイクのように「ドルン!ドルルン!!」と迫力があり。また、加速時には「ヒョォーー」という音も重なり、まさにコックピットの内装も相まってジェット機に乗っている感覚になる。
・(+2)シフト、クラッチ、アクセル、エンジンレンポンスのバランスが良くヒールトゥやブリッピングがインテR並みにやり易い。

●ユーティリティ(使い勝手) 4点
・(-1)ドアが長く車高も低いため乗り降りしにくさが許容範囲を超えている。

●見た目や憧れ感 9点
・(+2)エクステリアと内装は言うことなし
・(+2)直6、大排気量

●快適性能 7点
・(+2)どのギアからもスーッと車体が前に出て、乗り心地が良く気になる振動や異音がない。 この年式にしては信じられないくらいに快適。

●その他 4点
・(-1)保険料と盗難率の高さ

★第2位★ 【 ロードスター(ND) 34点 】



●スポーティ感 7点
・(+2)エンジン音は乾いた音で「カァァァァ」と奏でる。排気音もそれなりに図太い音がしていてそのバランスが素晴らしい。
・(+1)シフトは最高のフィーリング。形状、ストロークが適切で、スコスコ入るし、吸い込まれる感じもバッチリ。
・(-1)ハンドルと床のスペースが狭すぎるのとペダルが右寄りなため、普通の身長の方でもクラッチに足を載せたままだとハンドルにひざがあたる。慣れれば問題ないレベル。

●ユーティリティ(使い勝手) 2点
・(-1)2人乗りで後部座席がないため「手持ちの荷物」があると乗り降りのたびに気を使う
・(-1)ドリンクホルダーが付属されてはいるが首などが吊る
・(-1)乗り降りしにくさが許容範囲を超えている。ちなみに先代NCなら許容範囲内。

●見た目や憧れ感 8点
・(+2)フロント、サイド、リアどこをとってもカッコいい!軽量オープンカーではBMW Z4並み
・(+1)「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックの認定を受けており世界中にファンがいる。

●快適性能 7点
・(+2)最新のコピューター制御により低速でのギクシャク感は皆無で適度なロール感で乗り心地が良い
・(+1)最近の車なので純正ナビがこの手の車にしては充実(ブラインドタッチ、bluetoothなど)していて音響も満足できるレベル。
・(-1)ソフトトップなので静粛性は低い

●その他 10点
・(+2)どのオープンカーよりも簡単にオープンにできて、すぐに戻せる。同様の評価である先代NCと比較しても2倍くらいの差がある。
・(+2)パワー、操作性、軽量、駆動方式のバランスがちょうど良く、他の車にはない楽しさがある。
・(+1)いい大人にこれほど似合うスポーツカーはない。86だと「ちょい悪オヤジ」なイメージなためロードスターの方が長く乗れる。

★第1位★ 【 メガーヌ ルノー・スポール 35点 】



●スポーティ感 8点
・(+2)エンジン音と排気音はまるで生き物の咆哮のようで刺激的。また遮音性が良く雑味がない心地よいサウンドだが決して上質すぎない。 実際に試乗した車で比較するとBMWの直6やアウディS3の「上質さ」と、ロータリーやタイプRのVTECやNDロードスターの「迫力」を足して2で割ったような理想のサウンドを奏でる。
・(+1)シフトの触った質感、位置、ストローク、重さが良く吸い込まれるように入る。

●ユーティリティ(使い勝手) 7点
・(+2)室内もトランクも広い
・(-1)全幅が185cmと大きすぎる
・(+1)5人乗り

●見た目や憧れ感 8点
・(+2)ハッチバックとは思えない存在感と未来感
・(+1)常に「FF世界最強」を争う車好きなら誰もが憧れる車

●快適性能 7点
・(+1)乗り心地が良く気になる振動や異音がない
・(+1)静粛性は高い

●その他 5点



★惜しい車

試乗した結果、残念ながらセカンドカーとして購入するには許容できない点があった車は下記のとおり。見た目では好きな車が多いだけに残念。。

【86】

クラッチのストローク、つながり位置は良い。しかしS660並みに軽く踏み込む強さを弱めてもクラッチが上がってこないため慣れが必要。スポーティ感も操作性も低い。

【RX−8】

1-2-3速のギア比が離れているのと回転がすぐ落ちるためシフトアップでも気を使う

【RX−7(FD)】

アクセルのレスポンスが鈍すぎる。

【S660】

クラッチのストロークやつながる位置は良いが、軽すぎるのかクラッチの戻りが非常に遅くて慣れが必要。

【S2000】

エンジン音はいい大人にはやかまし過ぎる。ハンドルが重すぎなのと、アクセルの「遊び」が多く発進時に違和感を感じるため「操作性」が悪い。

【インテグラタイプR(DC5)】

エンジン音はいい大人にとってはうるさすぎる。とても上質とは言えない音質。乗り心地も最悪で普通の人には耐えられないレベル。

【フェアレディZ(33)】

アクセルのストロークが短いせいかコントロールが難しく回転が一気にあがる。また、3000回転以上回すと、回転が1秒くらいキープされてしまいMTだと非常に扱いにくい。

【WRX】

レガシィBL5と同じく、アクセルが電子式で試乗車がまだ学習できてなくて、反応に遅れがあり3-2速のブリッピングがやりにくい。またギア比がRX-8並みに離れており、エンジンレスポンスも並のターボ車レベルのため、↑の学習の問題がなくても扱いにくいと感じた。

【ランエボ8】

クラッチはストロークが長くいまいち。つながる位置も高く、これまでに試乗した中で個人的には最も合わないと感じた。全体的に乗り易くてファミリーカーとしても問題ないが何か物足りない。
みんカラはこちら   YouTubeチャンネル

★カテゴリー




★人気ページ 一覧★


【試乗】BMW 新型Z4 M40i 史上最高の直6エンジン音!?
【試乗】ついにたどり着いた「ロータス・エリーゼ」
スポーツカー100台乗り比べ(試乗/レンタカー/カーシェア/代車)
【検証】brembo(ブレンボ)ブレーキディスク交換の効果は?|BMW M240iクーペ(MT)
納車から2年!BMW M240iクーペ(MT)の平成最後の「駆けぬける歓び」
ルノー・メガーヌR.S. VS メガーヌGT!両車があのFRドイツ車になり代わる!?
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(4コントロール/4HCC編)
【FF最速】シビックタイプRをついに撃墜!?新型ルノー・メガーヌR.S.の三種の神器がスゴイ!(DASS編)
【必見】絶対に失敗しないルノー車の購入方法
車が「モビルスーツ」になる!その条件とは!?
憧れナンバーワン!トヨタ・スープラSZに試乗(A80/NA/中後期)
ルノー・スポールの間口を広げた偉大なるルーテシアR.S.
BMW M3セダン(F80)は1000万オーバーの価値がある車だった
【納車】ついに手に入れたルノースポール(ライコネン優勝おめでとう)
【2018年】新型ルノー・メガーヌGT/MCルーテシアRSトロフィー★イッキ乗り
ルノーメガーヌRSの瞬発力と存在感はウサイン・ボルト級
アバルト124スパイダーの「刺激」に勝るのはあの「レーシングスピリット」だけ
【試乗】BMW X2!FFとアイシンAW製8ATの実力はいかに
私がBMWアダプティブMサスペンションをダウンサスでローダウンしない理由
クルマを当て逃げされたら保険を使う?自腹で修理する?
NDロードスターで学ぶ「ギア比」と「最終減速比(ファイナル)」
SUV徹底比較(国産車編)
MT操作で最も難しいのは「高回転で1速から2速のシフトアップ」
BMW 3シリーズ(F30)のシフトショック改善方法
NDロードスターで学ぶ「LSD」と「スタビライザー」
初マイカーにNDロードスターをススめる理由
NDロードスターRFはスーツで乗るクルマ
SUV徹底比較(輸入車編)
絶景ドライブコース100選の制覇状況
「千里浜なぎさドライブウェイ/東尋坊/福井県立恐竜博物館」を駆けぬけるルート
BMWのヒエラルキーを装備で解説
GJアテンザ マフラー比較
加速度センサーで学ぶドライビングテクニック
ジャガー最小SUV E-PACEの選び方
BMWの分かりにくいDSCを解説
「伊勢志摩スカイライン/伊勢パールロード」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iで走った「伊吹山ドライブウェイ」はドライビングを楽しむ暇がないほどの・・
HONDA S660であえて選ぶCVT!
BMW M240iクーペ(MT) オートブリッピングのすべて
BMW 320i Mスポーツの5つのスゴイところ
ついに納車されたBMW M240iクーペ(MT)
プジョー208GTiの操作系が「ユルい」のは確信犯だった
納車から1年!BMW M240iクーペの「駆けぬける歓び」を振り返る
ヒール&トゥを「6つのポイント」で攻略 (BMW M240iクーペ)
BMWのMT操作を「7つのポイント」で攻略(M240iクーペ)
BMW 主力エンジン『B48B20A』は330e(PHEV)でも快音を響かせる
「FRスポーツカー乗り」が欲しいSUVとワゴンはこれだ
【緊急掲載】MAZDAのソウルレッドが良い理由
アバルト124スパイダーは本当にMAZDA製造なのか?
敷居が高い「ポルシェ/オープン/左ハンドル」も「ボクスター(PDK)」ならありかも
30分で行う「業者レベルの手洗い洗車」方法
BMW M240iクーペ慣らし運転方法(yoyolegalega的BMW慣らし運転方法)
BMW M240iクーペ エンジン音のすべて
クルマ界のイチローはSUBARUレヴォーグ!
GJアテンザ ツライチ 方法
BMW M240iクーペ(MT) エクステリア改善計画 ※M3/M4と比較
BMW M240iスモークテールをビフォーアフターで比較
BMW M240iクーペ 純正リアバンパー取り外し方法
BMW M240iクーペ カーボンリアディフューザー取り付け
加速度センサー(レーダー探知機)の取付け方法(BMW M240iクーペ)
GJアテンザ タイヤ比較
スバルWRX STI(6MT)は国産車を代表するピュアスポーツカー
ポルシェ ボクスターはサラリーマンがかろうじて手の届く唯一の「絶対的なスポーツカー」である(ABA-98721)
スポーツカー試乗レポート(トヨタ86/マツダRX-7/ルノー メガーヌRS/日産35GTR/ホンダ S2000/BMW M3/スバルWRX/ポルシェボクスター/VWシロッコ)
VWニュービートル(GH-9CAZJ)は30万で個性的なルックスとザ・ドイツ車を楽しめるクルマ!
GJアテンザ トランクスポイラー装着
GJアテンザ フォグ メッキ塗装
GJアテンザ M'z CUSTOM(エムズカスタム) サイドスカート装着
BMW320i(F30)で走った「西伊豆スカイライン」はショートホイールベース必須のテクニカルコースだった
「箱根ターンパイク/椿ライン/芦ノ湖スカイライン/箱根スカイライン/長尾峠/七曲り」を一気に駆けぬけるルート
BMW M240iクーペの「スポーツ」「スポーツ・プラス」の違い
BMW M240iクーペの「パッケージング」はALPINA B3 Sリムジンから隔世遺伝していた
「低排出ガス車ステッカー」と「定期点検ステッカー」は貼る義務はない(らしい)
RX-8 タイプRSは2020年東京オリンピックまでに乗ってほしいクルマ
BMW M4クーペはFRの楽しみを奪うほどの「オンザレール感」
M4クーペ(F82)はBMWスポーティ部門の頂点に立つ車
RX-8 タイプRSが最高な理由
RX-8の「プラグかぶり対策」と「低速でのギクシャク対策」
RX-8の3つのスゴイところ
RX-8の選び方
BMW135iクーペはMTで最も楽しめるBMWのひとつ
BMW3シリーズ(F30/F31)に復活した直6は250万の価値があるのか
ドアの長さまで比較!大人4人が乗れるMTスポーツカー!
GJアテンザ ロングパドルシフト装着
手の届くスポーツカーランキング/マニュアル車(MT)
マニュアル車の選び方
AT車 MT車 楽しさ 比較